トップ サイトマップ
関連情報

HPCチューニングサービス

Fortranなどのプログラムの高速化、並列化
マルチコア/マルチプロセッサ向け移植
HPCチューニングサービスとは?

本サービスは現在お客様がご利用中の各種科学技術計算プログラム(Fortran、C/C++などのプログラム)の改善(分析及び書き換え)をNAGの技術者が行い、パフォーマンスの改善、スケーラビリティーの改善、シリアルプログラムの並列化等を実現して頂くためのサービスです。
本サービスのお問い合わせはコンサルティングサービス・ご相談フォームをご利用下さい。
注) 本サービスは法人・研究機関様向けのサービスとなっております。

SOFTAR DL_POLY
パフォーマンスの改善例
SoFTaR(燃焼コード)の事例
スケーラビリティーの改善例
DL_POLY(分子動力学シミュレーション)の事例

※各事例の詳細は事例一覧からご参照ください。

サービスの流れ
サービスの流れ
提供するサービス内容

サービス サービス内容
分析サービス
(有料)
現状のプログラムの問題点を洗い出し、改善の可能性、方向性を検討します。分析結果のご報告と改善のご提案を致します。
通常、2週間から1ヶ月ほどお時間がかかります。
チューニングサービス
(有料)
プログラムの調査・分析結果に基づいて、パフォーマンスの改善(計算時間の短縮)やスケーラビリティの改善(コア数・ノード数に応じた計算速度向上)を行います。
パフォーマンスの改善はキャッシュ階層の有効活用や、OpenMPとMPIを用いたハイブリッド並列化、更にはIntel®Xeon Phi™等のコプロセッサの活用等により実現され、お客様のプログラムが同じ結果をより短時間で得られるようにします。
スケーラビリティーの改善はノード数やコア数を増やしても計算時間が短縮されないプログラムに対して、メモリバンド幅、通信バンド幅、ディスクI/O等を考慮した各種変更を行い、コア数やノード数の増加に応じてより良いパフォーマンスが得られるようにします。
NAGの技術について

NAGは1970年に活動を開始して以来現在まで、数値計算に深く関わっていました。そのため以下の各種技術の経験/実績が豊富です。

  • 各種並列化技術 (OpenMP、MPI、GPGPU)
  • ハイブリッド並列化技術 (OpenMP+MPI)
  • GPUを利用する各種計算ルーチンの開発
  • HPC向け並列科学技術・統計計算ライブラリの開発
  • 各種環境に精通 (Fortran、C/C++、MATLAB®、R、他多数)
チューニング実績

NAGでは既に70以上のチューニング実績があり、その対象は物質・物性,化学・量子化学,海洋学,医学,航空・宇宙分野等、多岐にわたります。(事例一覧

対象分野の例

分野 アプリケーション名
化学・量子化学・分子 量子化学計算 CRYSTAL
分子動力学 DL_POLY, GROMACS, LAMMPS
分子シミュレーション CASINO
物質・物性 電子構造計算 CASTEP, VASP, ESPRESSO
海洋学 海洋学モデリング Fluidity-ICOM
医学 心臓熱モデリング CARP
航空・宇宙 航空機騒音シミュレーション CABARET
ご利用について

本サービスを利用されたい場合は、まずはコンサルティングサービス・ご相談フォームにご記入の上お問い合わせください。またはお電話(03-5542-6311)にてお問い合わせ下さい。

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks