ホーム > ニュース > ARMベースのプロセッサでNAG C ライブラリが実装されました

ARMベースのプロセッサで
NAG数値計算ライブラリが優れたスケーラビリティーを発揮

Cavium ThunderX®でNAG Cライブラリを実装!

2016年6月16日

Numerical Algorithms Group (NAG) はARMベースのプロセッサ Cavium ThunderX® に科学技術・統計計算ライブラリであるNAG C ライブラリを実装しました。その一次結果がISC High Performance 2016で発表され、デュアルソケット構成のThunderX (96コア) での素晴らしいスケーラビリティーが示されました。

NAG C ライブラリは数値計算の専門家により開発/サポートされている科学技術・統計計算ライブラリで、非常に厳しいテストにより、高い計算精度とパフォーマンスを両立しています。

NAGの最高技術責任者であるマイク・デューワー(Mike Dewer) 氏は以下のように延べています。

NAGライブラリを幅広いプラットフォーム向けに最適化する事は、当社のユーザーベースを拡大するための鍵となります。我々は今後も引き続き、様々なハードウエアベンダと協力しながら、我々のアルゴリズムを各ハードウエア向けにチューニングして行きます。ThunderXプロセッサが提供する多数のコアは、それを活用可能なアプリケーションに対して大きな可能性を秘めており、今後のプロセッサ設計が向かうであろう方向を示していると考えられます。従ってThunderX向けチューニングすることは、我々のライブラリ製品の今後にとって大変有益な事です。

また、Cavium社の副社長(Vice President)であるLarry Wikelius氏は以下のように延べています。

今回ThunderX向けにNAGが提供する最新の最適化済ライブラリにおいてもNAGは引き続き高度なソフトウェアの専門知識とリーダーシップを発揮し続けています。NAG Cライブラリのアルゴリズムは、アプリケーションがARMv8-AベースのThunderX(Cavium社製)が持つ96コアを最大限に活用できるようにしてくれます。NAGのチームは高い計算精度とパフォーマンスを両立させる事で評価されていますが、Cavium社はこのパートナーシップで今後も引き続きHPC市場における重要なソフトウェアを提供できる事を喜ばしく思っています。

 

NAG数値計算ライブラリについて

NAG数値計算ライブラリは最適化、時系列予測、回帰分析、偏微分方程式、補間など様々な数値計算サブルーチンを搭載した、科学技術統計計算ライブラリです。需要予測、ポートフォリオの最適化、金融市場の予測、リスク管理、時系列予測、統計解析、科学技術分野の各種シミュレーション等さまざまな分野での利用実績があり、まさに世界標準ともいえる数値計算ライブラリです。

 

本件に関するお問い合わせ先

日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ株式会社
営業部
TEL: 03-5542-6311
E-mail: sales@nag-j.co.jp
Web Form: http://www.nag-j.co.jp/toiawase.htm

 

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks