お見積り・ご依頼 法人団体様 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 英文校正トップ > MS Word変更履歴の使い方

MSワード変更履歴の使い方

NAG英文校正サービスはMSワードの変更履歴機能によりエディタの変更を記録いたします。下記にMSワードの変更履歴機能の簡単な使い方を説明いたします。
※詳細はマイクロソフト社のドキュメントをご参照いただきますようお願いいたします。

変更履歴機能について

MSワードにはドキュメントの変更(追加、削除等)を記録する機能があり、変更部分は取り消し線や赤色や下線などで見ることができます。 これにより担当の校正エディタがどのような変更を行ったかを確認することが可能です。

変更履歴を表示した例

お客様は校閲担当者の変更提案を反映するかもしくはオリジナルを残すかを選択することが可能です。

変更履歴やコメントを表示する

納品されたドキュメント(*.Changes_Tracked*.doc)は校正担当者が提案した変更とその記録が含まれて、変更箇所が赤線等で表示されます。もし変更箇所が表示されていない場合にはMSワードの校閲メニューで「最終版 (変更箇所/コメントの表示)」を選択して履歴が表示されるようにして下さい。

変更履歴メニュー

変更の承諾/却下

変更箇所は承諾(校正担当者の提案を採用する)もしくは却下(オリジナルのままとする)することができます。 文章全体を承諾することもできますし、一箇所ずつ確認しながら承諾/却下を選択することもできます。 

文書全体を承諾する場合にはMSワードの校閲メニューの中にある承諾ボタンで「ドキュメント内すべての変更を反映」を選択します。 それにより校正担当者が提案した全ての変更を受け入れることとなります。

文書全体の変更を承諾する操作

一か所ずつ順番に承諾/却下を選択する場合にはMSワードの校閲メニューで承諾ボタンを押すかもしくは元に戻すボタンを押して下さい。それにより現在の変更(上から順番に進みます)箇所の承諾かもしくは却下が行われ次の変更箇所に進むことができます。

一か所の変更を承諾する操作
Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks | Site Map