関連情報
ホーム > ニュース > NAG Fortran Library Mark 24 リリース

NAG Fortran ライブラリ Mark 24リリース!

新たに139種類の関数が追加されました!

NAGライブラリのイメージ図 NAG Fortranライブラリの最新版(Mark 24)がリリースされました。このリリースでは新たに139関数が追加され、全部で1784関数が提供されるようになりました。また新しいチャプタ(IEEE 演算機能)が追加されています。

Mark 24 新機能詳細

主な追加機能

今回のバージョンアップにて追加もしくは拡張された主な機能は以下のとおりです。

  • 2次と3次の高速フーリエ変換(FFTs)(NAGライブラリC06章−級数の和)
  • 3次元離散ウェーブレット変換(NAGライブラリC09章−ウェーブレット変換)
  • 広域的1次元適合型求積(NAGライブラリD01章−求積法)
  • ルンゲ・クッタ法を実行するスレッドセーフ版ルーチン(NAGライブラリD02章−常微分方程式)
  • 5次元より大きい補間に対する修正シェパード法(NAGライブラリE01章−補間法)
  • 2段階近似法(NAGライブラリE02章−曲線及び曲面フィッティング)
  • 非負の最小二乗(NAGライブラリE04章−関数の最小化・最大化)
  • マルチスタート版最小二乗(NAGライブラリE05章−大域的最適化)
  • 条件数の計算(NAGライブラリF01章−行列演算、逆行列)
  • 矩形行列のノルム推定(NAGライブラリF04章−連立一次方程式)
  • 実及び複素非対称スパース行列のブロック対角前処理行列(NAGライブラリF11章−スパース線形代数)
  • 重みづけされた最近傍相関行列(NAGライブラリG02章−相関と回帰分析)
  • ガウス混合分布モデル(NAGライブラリG03章−多変量解析)
  • ブラウン橋(Brownian bridge)ルーチンと確率場ルーチン(NAGライブラリG05章−乱数生成器)
  • 不均一時系列用の移動平均の計算(NAGライブラリG13章−時系列解析)
  • 最良サブセットの計算(NAGライブラリH章−Operations Research)
  • 合流型超幾何関数,対数ベータ,不完全ベータ(NAGライブラリS章−特殊関数)
  • Inf(下限)や NaN(非数)の設定などのIEEE 演算(NAGライブラリX07章−IEEE演算機能)

NAG数値計算ライブラリについて

NAG数値計算ライブラリは最適化、時系列予測、回帰分析、偏微分方程式、補間など様々な数値計算サブルーチンを搭載した、科学技術統計計算ライブラリです。需要予測、ポートフォリオの最適化、金融市場の予測、リスク管理、時系列予測、統計解析、科学技術分野の各種シミュレーション等さまざまな分野での利用実績があり、まさに世界標準ともいえる数値計算ライブラリです。

【よくご利用いただく機能例】

最適化、2次計画(QP)、最小二乗
時系列予測 (ARIMA, GARCH等)、生存解析
偏微分方程式(含ブラックショールズ)
FFT、補間(フィッティング)、乱数発生
相関分析、回帰分析、 多変量解析

 

NAG Fortranライブラリについて

 

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks