関連情報
ホーム > 製品 > NAG Toolbox for MATLAB® > サンプルコード集 > ダービン・ワトソン検定の統計量の計算

ダービン・ワトソン検定の統計量の計算

NAG Toolbox for MATLAB®用のサンプルコード

Keyword: ダービン・ワトソン検定, 統計量, 有意確率

概要

本サンプルはダービン・ワトソン検定の統計量の計算を行うサンプルプログラムです。 本サンプルは以下に示される10個の残差についてダービン・ワトソン検定を行い、統計量と統計量の有意確率の下限、上限を出力します。

ダービン・ワトソン検定の統計量の計算のデータ 

※本サンプルはNAG Toolbox for MATLAB®が提供する関数 g02fc() のExampleコードです。実行にはMATLAB®本体(他社製品)とNAG Toolbox for MATLAB®が必要です。
本サンプル及び関数の詳細情報は g02fc のマニュアルページをご参照ください。

入力データ


ip = int32(2);
res = [3.735719;
     0.912755;
     0.683626;
     0.416693;
     1.9902;
     -0.444816;
     -1.283088;
     -3.666035;
     -0.426357;
     -1.918697];
[d, pdl, pdu, ifail] = g02fc(ip, res)

  • ip には回帰モデルの独立変数の数を指定しています。
  • res には残差を指定しています。
  • 最後に本関数を呼び出す構文を指定しています。

出力結果


d =
    0.9238
pdl =
    0.0610
pdu =
    0.0060
ifail =
           0

  • d はダービン・ワトソン統計量を示しています。
  • pdl は統計量の有意確率の下限を示しています。
  • pdu は統計量の有意確率の上限を示しています。
  • ifail は関数がエラーを検知しなければ"0"を出力します。

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks