関連情報

NAG Library for SMP & Multicore
パフォーマンス例

SMP並列化の恩恵を受けているNAGライブラリのルーチンには以下の分野の問題ソルバが含まれています。

  • 密及びスパース線形代数
  • 高速フーリエ変換
  • 乱数生成器
  • 求積法
  • 偏微分方程式
  • 補間
  • 曲線及び曲面フィッテング
  • 相関と回帰分析
  • 多変量解析
  • 時系列解析
  • 金融オプションプライシング
  • 大域的最適化
  • ウェーブレット変換

以下の例はマルチコアでパフォーマンスがどれだけ向上するかを示しています。これらの例は,並べ替え,相関と回帰分析,ウェーブレット変換,補間,乱数生成器及び特殊関数のライブラリチャプターのパフォーマンスの例です。

クイックソートアルゴリズム(ルーチンm01ca)の例

m01ca

Kendall/Spearman 相関係数(ルーチンg02bn)の例

g02bn

2次元ウェーブレット変換(ルーチンc09ea)の例

c09ea

5次元補間(ルーチンe01tn)の例

e01tn

疑似乱数生成器(ルーチンg05sa)の例

g05sa

ヨーロピアンオプションプライシング(ルーチンs30aa)の例

s30aa

備考: NAG Library for SMP & Multicoreに含まれているかなりの数のルーチンはNAG Fortranライブラリのルーチンと比べてパフォーマンスが改善されていますが,必ずしもそうでない場合があります。処理速度が速くなるかを判断いただくため,ドキュメント「Tuned and Enhanced Routines in the NAG Library for SMP & Multicore」を参照いただき,使用するルーチンがマルチプロセッサの恩恵をうけるかどうかご確認ください。

これらの結果のハードウェアプラットホーム:

AMD Opteron 6174 プロセッサ。各プロセッサコアは2.2GHzで動作しています。


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks