関連情報
... > NAG並列計算ライブラリ > NAG Library for SMP & Multi-Core > 並列LAPACKベンチマーク

NAG Fortran SMP ライブラリ Mark 21
並列LAPACKルーチンのベンチマーク

計算精度を保持したままでハイパフォーマンスを実現!

NAG Library for SMP & Multi-Coreは計算精度を犠牲にすることなく、他の同等な計算を行うライブラリと比較して、素晴らしいパフォーマンスを実現しています。NAG Library for SMP & Multi-CoreはSMP(Symmetric Multi-Processor)システム及びマルチコア(Multi-core)システムで良いパフォーマンスが得られるように設計されています。

NAG Library for SMP & Multi-Coreは様々なプラットフォームで利用可能ですが、それぞれのプラットフォームで用意されている、ベンダー製の数学コアライブラリ(BLAS等)を利用するように設計され、最高のパフォーマンスが得られるようにチューニングされています。主なLAPACKルーチンも並列化されており、多くの場合、ベンダー性のライブラリと比較して、より良いパフォーマンスが得られます。以下のその例をいくつかご紹介します。


図 1: コレスキー分解(実対象正定値行列(DPOTRF))
Sun UltraSPARC-III システム上での例 − より良いパフォーマンスが得られている
SMPBenchmark1

図2: すべての固有値と固有値ベクトル、黙示的なQLもしくはQR法 (DSTEQR)
IBM POWER5 システム上での例 − 大きな差がみられる
SMPBenchmark2

図3: SVD(特異値分解)(DBDSQR)
IBM POWER5 システム上での例 − 標準的なLAPACKの89倍のパフォーマンスが得られている
SMPBenchmark3

NAG Library for SMP & Multi-Coreについて

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy