関連情報
ホーム > 製品 > NAG数値計算ライブラリ > NAG Library for SMP & Multicore > ルーチンリスト(カテゴリ別)

NAG Library for SMP & Multicore
Mark24 ルーチンリスト(カテゴリ別)



Chapter A00 ライブラリの識別 Chapter A02 複素算術
Chapter C02 多項式の根 Chapter C05 1つ以上の超越方程式の根
Chapter C06 級数の和 Chapter C09 ウェーブレット変換
Chapter D01 求積法 Chapter D02 常微分方程式
Chapter D03 偏微分方程式 Chapter D04 数値微分
Chapter D05 積分方程式 Chapter D06 メッシュ生成
Chapter E01 補間法 Chapter E02 曲線及び曲面フィッティング法
Chapter E04 関数の最小化・最大化 Chapter E05 大域的最適化
Chapter F01 行列因数分解 Chapter F02 固有値と固有ベクトル
Chapter F03 行列式 Chapter F04 連立一次方程式
Chapter F05 直交化 Chapter F06 線形代数支援ルーチン
Chapter F07 一次方程式 Chapter F08 最小二乗と固有値問題
Chapter F11 スパース線形代数 Chapter F12 大規模固有値問題
Chapter F16 その他の線形代数サポートルーチン Chapter G01 単純な計算と統計データ
Chapter G02 相関と回帰分析 Chapter G03 多変量解析
Chapter G04 分散分析 Chapter G05 乱数生成器
Chapter G07 1変量推定 Chapter G08 ノンパラメトリック統計法
Chapter G10 平滑化 Chapter G11 分割表分析
Chapter G12 生存解析 Chapter G13 時系列解析
Chapter H Operations Research OR Chapter M01 並べ替えと検索
Chapter S 特殊関数の近似 Chapter X01 数学定数
Chapter X02 計算機定数 Chapter X03 内積
Chapter X04 入出力ルーチン Chapter X05 日付と時刻のルーチン
Chapter X07 IEEE 演算機能

関数の左肩に*が付いているものは、Mark 24(バージョン24)で追加されたルーチンです。
関数の左肩に-が付いているものは、今後削除が予定されているルーチンです。
その他に、関数の左肩に以下のマークがついているものは、それぞれ次のような意味をもっています。
T:特にチューニングされており、したがって最適化された実行およびスケーラビリティを提供します。
E:関数の中核システムの一部としてTuned ルーチンを1つ以上を呼ぶもの。このために実行とスケーラビリティが改善されています。
 
A00 ライブラリの識別
A00 チャプター・イントロダクション
 ライセンスキーのチェック機能  A00ACF
 ライブラリの識別
  実装の詳細とバージョン番号の出力  A00AAF
  実装の分類された詳細及びメジャーバージョン番号とマイナーバージョン番号の出力  A00ADF
 
A02 複素算術
A02 チャプター・イントロダクション
 複素数
    A02ACF
  絶対値  A02ABF
  平方根  A02AAF
 
C02 多項式の根
C02 チャプター・イントロダクション
 2次方程式の根
  実係数  C02AJF
  複素係数  C02AHF
 3次方程式の根
  実係数E C02AKF
  複素係数E C02AMF
 4次方程式の根
  実係数E C02ALF
  複素係数E C02ANF
 多項式の根
  実係数
   修正ラゲール法  C02AGF
  複素係数
   修正ラゲール法  C02AFF
 
C05 1つ以上の超越方程式の根
C05 チャプター・イントロダクション
 多変数関数の根
  チェックルーチン
   ユーザ定義のヤコビアンのチェック  C05ZDF
  Direct Communication
   簡易版
    導関数が必要E C05RBF
    導関数不要E C05QBF
    導関数不要、スパースE C05QSF
   上級者向け
    導関数が必要E C05RCF
    導関数不要E C05QCF
  Reverse Communication
   上級者向け
    導関数が必要E C05RDF
    導関数不要E C05QDF
 ランベルトのW 関数
  実数値  C05BAF
  複素数値  C05BBF
 1変数関数の根
  Direct Communication
   ブレントアルゴリズム  C05AYF
   ブレントアルゴリズムによる二分探索  C05AUF
   連続法  C05AWF
  Reverse Communication
   二分探索  C05AVF
   ブレントアルゴリズム  C05AZF
   連続法  C05AXF
 
C06 級数の和
C06 チャプター・イントロダクション
 加速法  C06BAF
 逆ラプラス変換
  ウィーク法
   解の係数の計算  C06LBF
   解の評価  C06LCF
  クランプ法  C06LAF
 巡回畳み込みまたは相関
  実ベクトル
   時間短縮T C06FKF
  複素ベクトルT C06PKF
 チェビシェフ級数の和  C06DCF
 離散フーリエ変換
  多次元
   複素数列
    実数領域  C06FJF
    複素数領域T C06PJF
  多重半波長と1/4波長変換
   フーリエコサイン変換
    引数が少なく呼び出し呼しが簡易T C06RBF
   フーリエサイン変換
    引数が少なく呼び出しが簡易T C06RAF
   1/4波長コサイン変換
    引数が少なく呼び出しが簡易T C06RDF
   1/4波長サイン変換
    引数が少なく呼び出しが簡易T C06RCF
  1次元
   多重変換
    エルミート行列
     行による実数領域T C06FQF
    エルミート/実数列
     カラムによる複素数領域T C06PQF
     列による複素数領域T C06PPF
    実数列
     行による実数領域T C06FPF
    複素数列
     カラムによる複素数領域T C06PSF
     列による複素数領域T C06PRF
   多変数
    複素数列
     実数領域  C06FFF
     複素数領域T C06PFF
   単変換
    エルミート行列
     時間短縮
      実数領域  C06FBF
    エルミート行列/実数列
     時間短縮
      複素数領域T C06PAF
    実数列
     時間短縮
      実数領域  C06FAF
    複素数列
     時間短縮
      実数領域  C06FCF
      複素数領域  C06PCF
  2次元
   エルミート行列/実数列
    実数から複素数T* C06PVF
    複素数から実数T* C06PWF
   複素数列
    複素数領域T C06PUF
  3次元
   エルミート行列/実数列
    実数から複素数T* C06PYF
    複素数から実数T* C06PZF
   複素数列
    実数領域T C06FXF
    複素数領域T C06PXF
 
C09 ウェーブレット変換
C09 チャプター・イントロダクション
 1次元
  ウェーブレットフィルター詳細  C09AAF
  離散
   シングルレベル
    ウェーブレット変換  C09CAF
    逆ウェーブレット変換  C09CBF
   マルチレベル
    ウェーブレット変換  C09CCF
    逆ウェーブレット変換  C09CDF
  連続
   実ウェーブレット変換  C09BAF
 2次元
  ウェーブレットフィルター詳細  C09ABF
  離散
   シングルレベル
    ウェーブレット変換T C09EAF
    逆ウェーブレット変換T C09EBF
   マルチレベル
    ウェーブレット変換T C09ECF
    逆ウェーブレット変換T C09EDF
 3次元
  ウェーブレットフィルター詳細* C09ACF
  離散
   シングルレベル
    ウェーブレット変換T* C09FAF
    逆ウェーブレット変換T* C09FBF
   マルチレベル
    ウェーブレット変換T* C09FCF
    逆ウェーブレット変換T* C09FDF
 
D01 求積法
D01 チャプター・イントロダクション
 ガウス求積法の重みと横座標
  規則の一般的選択
   重みと横座標の計算  D01BCF
  規則の限定的な選択
   計算された重みと横座標を使用* D01TBF
 多次元求積法
  一般的積領域
   ベクトルマシン上で特に効率的なD01GCF の変形E D01GDF
   Korobov–Conroy 数論的方法E D01GCF
   Sag–Szekeres 法 (n-球も含む)  D01FDF
  超矩形上
   ガウス求積法規則評価  D01FBF
   適応型手法T D01FCF
    多重被積分関数  D01EAF
   Monte–Carlo 法E D01GBF
  n球上(n 4)
   性質の悪い被積分関数を許容  D01JAF
  n次元単体上E D01PAF
 有限区間の2次元求積法T D01DAF
 1次元求積法
  データ値のみで定義された関数の積分
   Gill–Miller 法T D01GAF
  無限区間または半無限区間上の関数の適応型積分
   重み関数なし  D01AMF
   重み関数cos(ωx)sin(ωx)  D01ASF
  有限区間、半無限区間や無限区間上の非適応型積分
   計算された重みと横座標を使用* D01UAF
  有限区間上の関数の適応型積分
   重み関数1 / (xc) Cauchy の主値 (ヒルベルト変換)  D01AQF
   重み関数cos(ωx)sin(ωx)  D01ANF
   代数−対数タイプの端点特異性をもつ重み関数  D01APF
   Gonnetによる手法
    性質の悪い被積分関数に適合
     ベクトル化されたインタフェース* D01RGF
   Pattersonによる手法
    性質の良い被積分関数に適合(端点を除く)  D01AHF
   Piessens と de Donckerによる手法
    高度振動積分に適合
     単一横座標インターフェース  D01AKF
     ベクトル化されたインターフェース  D01AUF
    性質の悪い被積分関数に適合
     単一横座標インターフェース  D01AJF
     ベクトル化されたインターフェース  D01ATF
    ユーザ設定のブレークポイントでの特異点を許容  D01ALF
  有限区間上の非適応型積分  D01BDF
   不定積分を準備として実行  D01ARF
  Reverse Communication
   有限区間上の適応型積分
    多次元被積分関数
     ベクトルマシン上で有効* D01RAF
 Korobov最適係数(D01GCFと D01GDFで使用)
  分点の数が2つの素数の積の場合  D01GZF
  分点の数が素数の場合  D01GYF
 サービスルーチン
  オプション取得* D01ZLF
  オプション設定と初期化* D01ZKF
  D01RAFに必要な配列の次数を決定* D01RCF
  D01RAFのための診断ルーチン* D01RBF
 
D02 常微分方程式
D02 チャプター・イントロダクション
 常微分方程式,境界値問題
  コロケーション法を用いた汎用ルーチン
   一般非線形問題ソルバーE D02TKF
   診断ルーチン  D02TZF
   設定ルーチン  D02TVF
   補間ルーチン  D02TYF
   連続ルーチン  D02TXF
  シューティング法とマッチング法
   他の代数方程式を前提とした未決定の一般パラメータE D02SAF
   内部マッチングが可能な未決定の一般パラメータE D02AGF
   未決定の一般パラメータE D02HBF
   未決定の境界値E D02HAF
  選点法(コロケーション法)及び最小二乗法
   単一n階線形方程式  D02JAF
   1階線形方程式  D02JBF
   n階線形方程式  D02TGF
  遅延修正をもつ有限差分法
   一般線形問題  D02GBF
   簡単な非線形問題  D02GAF
   連続機能をもつ一般非線形問題  D02RAF
 線形一定係数境界値問題
  チェビシェフ(Chebyshev)スペクトル積分法
   重心ラグランジュ補間法による関数の一様格子の評価  D02UWF
   線形一定係数境界値問題用のチェビシェフ積分ソルバーE D02UEF
   チェビシェフ Gauss–Lobatto 格子上の離散化関数のためのチェビシェフ係数生成E D02UAF
   チェビシェフ Gauss–Lobatto 点でのClenshaw–Curtis 求積法の重みづけ  D02UYF
   チェビシェフ Gauss–Lobatto格子上 の関数値に対するチェビシェフ係数E D02UBF
   チェビシェフ Gauss–Lobatto格子生成  D02UCF
   K番めの チェビシェフ多項式の値  D02UZF
 チェビシェフ Gauss–Lobatto 点で離散化された関数の識別  D02UDF
 1階の常微分方程式,初期値問題
  帯行列ヤコビアン用の線形代数設定  D02NTF
  硬い方程式用の汎用積分ルーチン
   代数方程式を伴った陰的常微分方程式
    帯行列ヤコビアンE D02NHF
    完全ヤコビアンE D02NGF
    スパース・ヤコビアンE D02NJF
    DASSL積分E D02NEF
    DASSL積分用の帯行列ヤコビアン選択  D02NPF
   代数方程式を伴った陰的常微分方程式(Reverse Communication)E D02NNF
   陽的常微分方程式
    帯行列ヤコビアンE D02NCF
    完全ヤコビアンE D02NBF
    スパースヤコビアンE D02NDF
   陽的常微分方程式(Reverse Communication)
    完全ヤコビアンE D02NMF
   D02NEFの呼び出しの継続  D02MCF
  完全ヤコビアン用の線形代数設定  D02NSF
  局所誤差推定の重みづきノルムの計算  D02ZAF
  根探索オプションをもつAdams 手法を用いた汎用積分ルーチン
   根探索のための診断ルーチン  D02QYF
   診断ルーチン  D02QXF
   設定ルーチン  D02QWF
   補間ルーチン  D02QZF
   Direct Communication  D02QFF
   Reverse Communication  D02QGF
  自然な補間  D02MZF
  自然な補間(MONITRサブルーチンでの使用のため)  D02XJF
  スパース・ヤコビアンと併せて使用するための問い合わせルーチン  D02NRF
  スパース・ヤコビアン用の線形代数診断ルーチン  D02NXF
  スパース・ヤコビアン用の線形代数設定  D02NUF
  積分診断ルーチン  D02NYF
  積分の連続呼び出しの設定ルーチン  D02NZF
  ドライバルーチン
   硬い方程式向けの可変次数、可変ステップ後退差分公式法
    解の関数がゼロになるまで積分を実行,オプションで中間出力を伴う積分を実行E D02EJF
   可変次数、可変ステップAdams法
    解の関数がゼロになるまで積分を実行,オプションで中間出力を伴う積分伴う積分を実行  D02CJF
   Runge–Kutta 法
    解の関数がゼロになるまで積分を実行,オプションで中間出力を伴う積分を実行  D02BJF
   Runge–Kutta–Merson 法
    解の関数がゼロになるまで実行  D02BHF
    特定のコンポーネントが任意の値に達するまで実行  D02BGF
  C1-補間  D02XKF
  DASSL用積分設定  D02MWF
  Runge–Kutta法を用いた汎用積分ルーチン
   誤差評価のための診断ルーチン* D02PUF
   終端範囲の再設定* D02PRF
   診断ルーチン* D02PTF
   設定ルーチン* D02PQF
   中間出力を伴う指定範囲* D02PEF
   補間ルーチン* D02PSF
   1ステップごと* D02PFF
  SPRINT積分の後退差分公式用の積分設定  D02NVF
  SPRINT積分のBlend法のための積分設定  D02NWF
  SPRINT積分のDASSL法のための積分設定  D02MVF
 2階常微分方程式
  Runge–Kutta–Nystrom 法
   診断ルーチン  D02LYF
   積分ルーチン  D02LAF
   設定ルーチン  D02LXF
   補間ルーチン  D02LZF
 2階のSturm–Liouville問題
  正則または特異系,有限また無限範囲
   固有値と固有関数  D02KEF
   固有値のみ  D02KDF
  正則,有限範囲,ユーザ定義のブレークポイント
   固有値のみ  D02KAF
 
D03 偏微分方程式
D03 チャプター・イントロダクション
 自動メッシュ生成
  面領域の三角形分割  D03MAF
 対流拡散方程式
  非線形
   1空間次元
    リーマン・ソルバーに基づく風上差分法を使用E D03PFF
     結合された微分代数方程式E D03PLF
     再メッシュ化E D03PSF
 楕円方程式
  矩形格子上の方程式(2次元7原子分子)  D03EDF
  矩形格子上の離散化(2次元7原子分子)  D03EEF
  有限差分方程式(2次元5原子分子)  D03EBF
  有限差分方程式(3次元7原子分子)  D03ECF
  2次元のラプラス(Laplace)式  D03EAF
  3次元のヘルムホルツ(Helmholtz)式T D03FAF
 偏微分方程式,一般方程式,1空間変数,線の方法
  放物型
   選点法空間離散化
    簡易版E D03PDF
    結合された微分代数方程式,通常版E D03PJF
   有限差分法空間離散化
    簡易版E D03PCF
    結合された微分代数方程式,再メッシュ化,通常版E D03PPF
    結合された微分代数方程式,通常版E D03PHF
 1階偏微分方程式
  非線形
   1空間次元
    ケラーのボックス型スキームを使用E D03PEF
     結合された微分代数方程式E D03PKF
     再メッシュ化E D03PRF
 2階偏微分方程式
  非線形
   2空間次元
    矩形領域T D03RAF
    直線で囲まれた領域T D03RBF
 Black–Scholes 方程式
  解析解  D03NDF
  有限差分E D03NCF
 ユーティリティルーチン
  オイラー方程式に対する正確なリーマンソルバー  D03PXF
  オイラー方程式に対するHLL リーマンソルバー  D03PWF
  オイラー方程式に対するOsher のリーマンソルバー  D03PVF
  オイラー方程式に対するRoe のリーマンソルバー  D03PUF
  選点スキームに対する補間ルーチン  D03PYF
  有限差分に対する補間ルーチン
   ケラーのボックス型スキームと風上法  D03PZF
  2次元5原子分子の基本SIP  D03UAF
  3次元7原子分子の基本SIP  D03UBF
  D03NDFの平均値  D03NEF
  D03RBFの格子点の座標を返す  D03RZF
  D03RBFの初期格子データのチェック  D03RYF
 
D04 数値微分
D04 チャプター・イントロダクション
 数値微分
  Direct Communication  D04AAF
  Reverse Communication  D04BAF
 D04BAFのための標本点の生成  D04BBF
 
D05 積分方程式
D05 チャプター・イントロダクション
 重み生成ルーチン
  弱い特異性のカーネルをもつヴォルテラ(Volterra)方程式の解の重み  D05BYF
  ヴォルテラ(Volterra)方程式の解の重み  D05BWF
 第1種のヴォルテラ(Volterra)方程式
  非線形
   弱い特異性
    畳み込み方程式 (Abel)E D05BEF
 第2種のフレッドホルム方程式
  線形
   非特異不連続または分離型カーネルE D05AAF
   非特異平滑カーネルE D05ABF
 第2種のヴォルテラ(Volterra)方程式
  非線形
   非特異
    畳み込み方程式   D05BAF
   弱い特異性
    畳み込み方程式 (Abel)E D05BDF
 
D06 メッシュ生成
D06 チャプター・イントロダクション
 境界メッシュの生成
  2次元境界メッシュの生成  D06BAF
 内部メッシュの生成
  反復法を用いた2次元メッシュの生成  D06AAF
  advancing front法を用いた2次元メッシュの生成  D06ACF
  Delaunay–Voronoi法を用いた2次元メッシュの生成  D06ABF
 メッシュ管理とユーティリティルーチン
  メッシュのアフィン変換  D06DAF
  有限要素行列のスパースパターンの生成E D06CBF
  隣接する(場合によっては重複する)2つの与えられたメッシュの結合  D06DBF
  2次元メッシュのリナンバリングE D06CCF
  barycenter技法を用いた2次元メッシュのスムージング  D06CAF
 
E01 補間法
E01 チャプター・イントロダクション
 補間
  導関数
   E01BEFによる計算から  E01BGF
   E01SGFによる計算からT E01SHF
   E01TGFによる計算からT E01THF
   E01TKFによる計算からT E01TLF
   E01TMFによる計算からT E01TNF
   E01ZMFによる計算からT* E01ZNF
  評価
   E01BEFによる計算から  E01BFF
   E01RAFによる計算から  E01RBF
   E01SAFによる計算から  E01SBF
   E01SGFによる計算からT E01SHF
   E01TGFによる計算からT E01THF
   E01TKFによる計算からT E01TLF
   E01TMFによる計算からT E01TNF
   E01ZMFによる計算からT* E01ZNF
 補間関数
  1変数
   多項式
    導関数をもつ,またはもたないデータ  E01AEF
   他の区分的多項式  E01BEF
   有理関数  E01RAF
   3次スプライン  E01BAF
  2変数
   修正シェパード法T E01SGF
   双3次スプライン  E01DAF
   他の区分的多項式  E01SAF
  3変数
   修正シェパード法T E01TGF
  4変数
   修正シェパード法T E01TKF
  5変数
   修正シェパード法T E01TMF
  d 変数
   修正シェパード法T* E01ZMF
 補間値
  1変数
   多項式から
    一般データ  E01AAF
    等間隔区間データ  E01ABF
   有理関数から  E01RBF
   E01BEFで計算された補間  E01BFF
   E01BEFで計算された補間(導関数を含む)  E01BGF
  2変数
   E01SAFで計算された補間  E01SBF
   E01SGFで計算された補間T E01SHF
  3変数
   E01TGFで計算された補間T E01THF
  4変数
   E01TKFで計算された補間T E01TLF
  5変数
   E01TMFで計算された補間T E01TNF
  d 変数
   E01ZMFで計算された補間T* E01ZNF
 補外法
  1変数
   区分的3次エルミート  E01BEF
   多項式
    一般データ  E01AAF
    導関数をもつ,またはもたないデータ  E01AEF
   有理関数  E01RAF
 E01BEFで計算された補間の定積分  E01BHF
 
E02 曲線及び曲面フィッティング法
E02 チャプター・イントロダクション
 矩形メッシュ上のデータ  E02DCF
  双3次スプライン  E02DHF
  多項式  E02AHF
  3次スプライン  E02BCF
 最小二乗曲線フィット
  多項式
   制約つき  E02AGF
   選択されたデータ点  E02AFF
   任意のデータ点  E02ADF
  3次スプライン  E02BAF
 最小二乗曲面フィット
  双3次スプライン  E02DAF
  多項式T E02CAF
 散在データフィット
  双3次スプライン  E02DDF
  C1 スプラインE* E02JDF
 自動節点配置
  双3次スプライン
   矩形メッシュ上のデータ  E02DCF
 自動フィッティング
  3次スプライン  E02BEF
 積分
  多項式  E02AJF
  3次スプライン(定積分)  E02BDF
 線上のデータT E02CAF
 並べ替え  E02ZAF
 評価
  多項式
   1変数  E02AKF
   1変数(単一インターフェース)  E02AEF
   2変数T E02CBF
  ベクトル点
   C1 散在データのフィッティング* E02JEF
  ベクトル点における双3次スプライン  E02DEF
  メッシュ
   C1 散在データのフィッティング* E02JFF
  メッシュ上の双3次スプラインT E02DFF
  有理関数  E02RBF
  3次スプライン  E02BBF
  3次スプラインとオプションでベクトル点における導関数T* E02BFF
  3次スプラインと導関数  E02BCF
  3次スプラインの定積分  E02BDF
 ミニマックス空間フィット
  一般線形関数  E02GCF
  1変数の多項式(不均一な重みが必要な場合はE02GCFの使用を推奨)  E02ACF
 l1 フィット
  一般線形関数  E02GAF
  制約つき  E02GBF
 Padé 近似E E02RAF
 サービスルーチン
  オプション取得ルーチン* E02ZLF
  オプション設定ルーチン* E02ZKF
 
E04 関数の最小化・最大化
E04 チャプター・イントロダクション
 最小値,多変数の関数,単純境界
  1階導関数と2階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04LBF
 最小値,多変数の関数,単純境界(簡易版)
  関数値のみを使用,準ニュートン・アルゴリズム  E04JYF
  関数値のみを使用,2次近似  E04JCF
  1階導関数と2階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04LYF
  1階導関数を使用
   修正ニュートン・アルゴリズム  E04KZF
   準ニュートン・アルゴリズム  E04KYF
 最小値,多変数の関数,単純境界(通常版)
  1階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04KDF
 最小値,多変数の関数,非線形制約
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   スパース  E04VHF
   スパース(推奨 – E04VHFよりも処理が速く確実な場合があります)  E04UGF
   密な  E04WDF
   密な(推奨 – E04WDFよりも処理が速く確実な場合があります)E E04UCF
 最小値,多変数の関数,非線形制約(通常版)
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   Reverse Communication (密な)E E04UFF
 最小値,1変数の関数
  関数値のみを使用  E04ABF
  1階導関数を使用  E04BBF
 制約なし最小値,多変数の関数
  関数値のみを使用,シンプレックス・アルゴリズム  E04CBF
  1階導関数を使用,前処理つき共役勾配アルゴリズム  E04DGF
 制約なし2乗和の最小値(簡易版)
  関数値のみを使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04FYF
  1階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04GZF
   ガウス・ニュートン法と準ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04GYF
  2階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04HYF
 制約なし2乗和の最小値(通常版)
  関数値のみを使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04FCF
  1階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04GDF
   ガウス・ニュートン法と準ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04GBF
  2階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズムE E04HEF
 線形計画問題または2次計画問題(スパース)  E04NKF
 線形計画問題または2次計画問題(スパース)(推奨 – E04NKFよりも処理が速く確実な場合があります)  E04NQF
 線形計画問題(密)  E04MFF
 凸2次計画問題または線形制約つき最小2乗問題(密)E E04NCF
 変数の境界値をもつ線形最小2乗* E04PCF
 2次計画問題(密)  E04NFF
 2乗和の制約つき最小値,非線形制約
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   密なE E04USF
 サービスルーチン
  オプション・パラメータ値を各ルーチンに提供する
   E04DGF/E04DGA  E04DKF
   E04MFF/E04MFA  E04MHF
   E04NCF/E04NCA  E04NEF
   E04NFF/E04NFA  E04NHF
   E04NKF/E04NKA  E04NMF
   E04NQF  E04NSF
   E04UCF/E04UCA  E04UEF
   E04UGF/E04UGA  E04UJF
   E04USF/E04USA  E04URF
   E04VHF  E04VLF
   E04WDF  E04WFF
  各ルーチンで使用される実数のオプション・パラメータ値を読む
   E04NQF  E04NYF
   E04VHF  E04VSF
   E04WDF  E04WLF
  各ルーチンで使用される整数のオプション・パラメータ値を読む
   E04NQF  E04NXF
   E04VHF  E04VRF
   E04WDF  E04WKF
  関数の勾配やへシアンの推定  E04XAF
  外部ファイルからオプション・パラメータ値を各ルーチンに提供する
   E04DGF/E04DGA  E04DJF
   E04MFF/E04MFA  E04MGF
   E04NCF/E04NCA  E04NDF
   E04NFF/E04NFA  E04NGF
   E04NKF/E04NKA  E04NLF
   E04NQF  E04NRF
   E04UCF/E04UCA  E04UDF
   E04UGF/E04UGA  E04UHF
   E04USF/E04USA  E04UQF
   E04VHF  E04VKF
   E04WDF  E04WEF
  計算に関してユーザルーチンをチェック
   関数の1階導関数  E04HCF
   関数の2階導関数  E04HDF
   1階導関数のヤコビアン  E04YAF
   2乗和のへシアン  E04YBF
  初期化ルーチン
   E04DGA, E04MFA, E04NCA, E04NFA, E04UFA, E04UGA 及び E04USA  E04WBF
   E04NQF  E04NPF
   E04VHF  E04VGF
   E04WDF  E04WCF
  実数のオプション・パラメータ値を各ルーチンに提供する
   E04NQF  E04NUF
   E04VHF  E04VNF
   E04WDF  E04WHF
  整数のオプション・パラメータ値を各ルーチンに提供する
   E04NQF  E04NTF
   E04VHF  E04VMF
   E04WDF  E04WGF
  非線形最小2乗問題に対する共分散行列E E04YCF
  E04VHFの呼び出しの前にヤコビ行列の非ゼロパターンを決定  E04VJF
  LPまたはQP問題を定義するMPSデータファイルのE04NQF で必要な形式への変換(推奨)* E04MXF
 
E05 大域的最適化
E05 チャプター・イントロダクション
 大域的最適化,多変数の関数,一般制約
  主に関数値を使用,オプションで導関数情報,粒子群最適化アルゴリズム(PSO)を使用T E05SBF
  マルチスタートT* E05UCF
 大域的最適化,多変数の関数,境界制約
  主に関数値を使用,オプションで導関数情報,粒子群最適化アルゴリズム(PSO)を使用T E05SAF
  関数値のみを使用  E05JBF
 大域的最適化,多変数の関数,2乗和,一般制約
  マルチスタートT* E05USF
 サービスルーチン
  オプション・パラメータがE05JBF用に設定されたかどうか判別する  E05JHF
  外部ファイルからオプション・パラメータ値をE05JBFへ設定する  E05JCF
  実数のオプション・パラメータ値をE05JBFへ設定する  E05JGF
  整数のオプション・パラメータ値を E05JBFへ設定する  E05JFF
  文字列からオプション・パラメータ値をE05JBFへ設定する  E05JDF
  ‘ON’/‘OFF’を表す文字列オプション・パラメータ値をE05JBFへ設定する  E05JEF
  E05JBFで使用される実数値のオプションパラメータの取得  E05JLF
  E05JBFで使用される整数値のオプション・パラメータの取得  E05JKF
  E05JBFで使用される‘ON’/‘OFF’を表す文字列オプション・パラメータの設定を取得する  E05JJF
  E05JBFの初期化ルーチン  E05JAF
  E05SAF, E05SBF, E05UCF and E05USFで使用するためのオプションパラメータ取得ルーチン  E05ZLF
  E05SAF, E05SBF, E05UCF及びE05USFで使用するためのオプション・パラメータ設定ルーチン  E05ZKF
 
F01 行列因数分解
F01 チャプター・イントロダクション
 逆行列 (Chapter F07を参照)
  実対称正定値行列
   近似逆行列E F01ADF
   逆行列E F01ABF
  m x n 行列
   疑似逆行列  F01BLF
 行列演算と操作
  行列の格納スキーム変換
   圧縮帯格納スキーム 矩形格納スキーム,対角要素の特別処理
    実行列  F01ZCF
    複素行列  F01ZDF
   圧縮三角格納スキーム 正方格納スキーム,対角要素の特別処理
    実行列  F01ZAF
    複素行列  F01ZBF
   圧縮三角フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへ
    実行列  F01VCF
    複素行列  F01VDF
   圧縮三角フォーマットスキームからRectangular Full Packedフォーマットスキームへ
    実行列  F01VJF
    複素行列  F01VKF
   完全フォーマットスキームから圧縮三角フォーマットスキームへ
    実行列  F01VAF
    複素行列  F01VBF
   完全フォーマットスキームからRectangular Full Packedフォーマットスキームへ
    実行列  F01VEF
    複素行列  F01VFF
   Rectangular Full Packedフォーマットスキームから圧縮三角フォーマットスキームへ
    実行列  F01VLF
    複素行列  F01VMF
   Rectangular Full Packedフォーマットスキームから完全フォーマットスキームへ
    実行列  F01VGF
    複素行列  F01VHF
  行列の加算
   実行列T F01CTF
   複素行列T F01CWF
  行列の減算
   実行列T F01CTF
   複素行列T F01CWF
  行列の乗算  F01CKF
  行列の転置  F01CRF
 行列関数
  実対称n xn行列
   行列関数E F01EFF
   行列指数E F01EDF
  n by n 行列
   行列関数の条件数,数値微分の使用E* F01JBF
   行列関数の条件数,ユーザ提供導関数の使用E* F01JCF
   行列関数,数値微分の使用E* F01ELF
   行列関数,ユーザ提供導関数の使用T* F01EMF
   行列指数E F01ECF
   行列指数の条件数,対数,サイン,コサイン,sinh(双曲線正弦)またはcosh(双曲線余弦)E* F01JAF
   行列指数,サイン,コサイン,sinh(双曲線正弦)またはcosh(双曲線余弦)T* F01EKF
   行列対数T* F01EJF
  複素エルミートn by n 行列
   行列関数E F01FFF
   行列指数E F01FDF
  複素n by n 行列
   行列関数の条件数,数値微分の使用E* F01KBF
   行列関数の条件数,ユーザ提供導関数の使用E* F01KCF
   行列関数,数値微分の使用E* F01FLF
   行列関数,ユーザ提供導関数の使用T* F01FMF
   行列指数E F01FCF
   行列指数の条件数,対数,サイン,コサイン,sinh(双曲線正弦)またはcosh(双曲線余弦)E* F01KAF
   行列指数,サイン,コサイン,sinh(双曲線正弦)またはcosh(双曲線余弦)T* F01FKF
   行列対数T* F01FJF
 行列転換
  固有値問題Ax = λBxAB 帯行列
   標準対称問題への縮約  F01BVF
  三重対角行列
   LU 分解  F01LEF
  実上台形行列
   RQ 分解  F01QGF
  実帯対称正定値行列
   可変帯幅, LDLT 分解  F01MCF
   ULDLTUT 分解  F01BUF
  実概ブロック対角行列(real almost block-diagonal matrix)
   LU分解  F01LHF
  実行列
   直交行列  F01QKF
  実スパース行列
   分解  F01BRF
   分解,既知のスパース性パターン  F01BSF
  m xn(m n) 行列
   RQ 分解  F01QJF
  複素上台形行列
   RQ 分解  F01RGF
  複素行列,ユニタリ行列  F01RKF
  複素m x n(mn) 行列
   RQ分解  F01RJF
 実行列の実行列指数の作用E* F01GAF
 実行列の実行列指数の作用(Reverse Communication)E* F01GBF
 複素行列の複素指数の作用E* F01HAF
 複素行列の複素指数の作用 (Reverse Communication)E* F01HBF
 
F02 固有値と固有ベクトル
F02 チャプター・イントロダクション
 汎用ルーチン (Chapter F12を参照)
  m x n 行列,主要項SVDE F02WGF
 汎用ルーチン(Chapter F08を参照)
  実帯行列,選択された固有ベクトルAλB  F02SDF
  m x n 行列(mn)QR 分解と SVD(特異値分解)E F02WDF
 ブラックボックスルーチン
  一般化実スパース対称定値固有値問題
   選択された固有値と固有ベクトルE F02FJF
  実上三角行列
   特異値とオプションで左/右特異ベクトルE F02WUF
  実固有値問題
   選択された固有値と固有ベクトルE F02ECF
  実スパース固有値問題
   選択された固有値と固有ベクトルE* F02EKF
  実スパース対称行列
   選択された固有値と固有ベクトルE F02FJF
  複素上三角行列
   特異値とオプションで左/右特異ベクトルE F02XUF
  複素固有値問題
   選択された固有値と固有ベクトルE F02GCF
 
F03 行列式
F03 チャプター・イントロダクション
 分解行列の行列式
  実行列  F03BAF
  実対称帯正定値行列  F03BHF
  実対称正定値行列  F03BFF
  複素行列  F03BNF
 
F04 連立一次方程式
F04 チャプター・イントロダクション
 最小2乗と同次方程式
  実スパース行列  F04QAF
  m x n 行列
   mn, rank = n または最小解E F04JGF
   rank = n,反復改良  F04AMF
 汎用ルーチン,Ax = b
  実帯対称正定値行列,可変帯幅  F04MCF
  実概ブロック対角行列  F04LHF
  実三重対角行列  F04LEF
  実スパース行列
   直接法  F04AXF
   反復法(ランチョス法)  F04QAF
  実対称正定値テプリッツ(Toeplitz)行列
   一般右辺,解の更新  F04MFF
   Yule–Walker 方程式,解の更新   F04MEF
 ブラックボックスルーチン,Ax = b
  実一般帯行列E F04BBF
  実一般行列
   多重右辺
    精度を高めた反復改良E F04AEF
   多重右辺,標準精度E F04BAF
   1つの右辺
    精度を高めた反復改良E F04ATF
  実三重対角行列  F04BCF
  実対称行列
   圧縮行列フォーマット  F04BJF
   標準行列フォーマット  F04BHF
  実対称正定値帯行列E F04BFF
  実対称正定値行列
   圧縮行列フォーマットE F04BEF
   多重右辺
    精度を高めた反復改良E F04ABF
   多重右辺,標準精度E F04BDF
   1つの右辺
    精度を高めた反復改良E F04ASF
  実対称正定値三重対角行列  F04BGF
  実対称正定値テプリッツ(Toeplitz)行列
   一般右辺  F04FFF
   Yule–Walker 方程式  F04FEF
  複素一般帯行列E F04CBF
  複素一般行列E F04CAF
  複素エルミート行列
   圧縮行列フォーマット  F04CJF
   標準行列フォーマット  F04CHF
  複素エルミート正定値帯行列E F04CFF
  複素エルミート正定値行列
   圧縮行列フォーマットE F04CEF
   標準行列フォーマットE F04CDF
  複素エルミート正定値三重対角行列  F04CGF
  複素対称行列
   圧縮行列フォーマット  F04DJF
   標準行列フォーマット  F04DHF
 サービスルーチン
  実行列
   線形最小2乗問題のための共分散行列  F04YAF
  実矩形行列
   ノルム推定と条件数推定* F04YDF
  複素矩形行列
   ノルム推定と条件数推定* F04ZDF
 
F05 直交化
F05 チャプター・イントロダクション
 計算されたベクトルが厳密に直交に近くなるような直交化を行う Gram–Schmidt 法を使用。 この手法は実ベクトルのみに有効。 T F05AAF
 
F06 線形代数支援ルーチン
F06 チャプター・イントロダクション
 スパースレベル1 (ベクトル) 演算
  実ベクトル
   スパースベクトルとフルベクトルに平面回転を適用  F06EXF
   スパースベクトルとフルベクトルの積  F06ERF
   スパースベクトルを集めゼロにセットする  F06EVF
   スパースベクトルを集める  F06EUF
   スパースベクトルを分散させる  F06EWF
   フルベクトルにスカラー倍のスパースベクトルを加える  F06ETF
  複素ベクトル
   スパースベクトルとフルベクトルの積(共役)  F06GSF
   スパースベクトルとフルベクトルの積(非共役)  F06GRF
   スパースベクトルを集めゼロにセットする  F06GVF
   スパースベクトルを集める  F06GUF
   スパースベクトルを分散させる  F06GWF
   フルベクトルにスカラー倍のスパースベクトルを加える  F06GTF
 レベル0 (スカラー) 演算
  実数
   与えられた実正接(tan)から正弦(sin)と余弦(cos)を再現  F06BCF
   スケーリングされた形からユークリッド・ノルムの計算  F06BMF
   正接(tan)を保存する平面回転の生成  F06BAF
   相似回転の2x2対称行列への適用  F06BHF
   平面回転の生成  F06AAF
   ヤコビ平面回転の生成  F06BEF
   (a2 + b2)1 / 2を計算  F06BNF
   2つの数の商の計算,オーバーフロー・フラグを使用  F06BLF
   2X2対称行列の固有値  F06BPF
  複素数
   与えられた実正接(tan)から正弦(sin)と余弦(cos)を再現,実正弦(sin)  F06CDF
   与えられた実正接(tan)から正弦(sin)と余弦(cos)を再現,実余弦(cos)  F06CCF
   相似回転相の2x2エルミート行列への適用  F06CHF
   平面回転の生成,正接(tan)を保存,実正弦(sin)  F06CBF
   平面回転の生成,正接(tan)を保存,実余弦(cos)  F06CAF
   2つの実スカラーの商の計算,オーバーフロー・フラグを使用  F06CLF
 レベル1(ベクトル) 演算
  実ベクトル
   スカラーをベクトルへ拡張  F06FBF
   スケーリングされた形でユークリッド・ノルムを更新  F06FJF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)の生成,LINPACKスタイル  F06FSF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)の生成,NAGスタイル  F06FRF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)の適用,LINPACKスタイル  F06FUF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)の適用,NAGスタイル  F06FTF
   平面回転列の生成  F06FQF
   平面回転を適用  F06EPF
   ベクトルとスカラーの逆数の積  F06FEF
   ベクトルとスカラーの積  F06EDF
   ベクトルとスカラーの積,入力ベクトルを保護  F06FDF
   ベクトルと対角行列の積  F06FCF
   ベクトルにスカラー倍のベクトルを加える  F06ECF
   ベクトルの重みつきユークリッド・ノルム  F06FKF
   ベクトルの複写  F06EFF
   ベクトルの符号反転  F06FGF
   ベクトルのユークリッド・ノルム  F06EJF
   ベクトル要素の絶対値の和  F06EKF
   無視できない最後の要素のインデックス  F06KLF
   最も大きい絶対値と最も小さい絶対値の要素  F06FLF
   最も大きい絶対値の要素のインデックス  F06JLF
   2つのベクトル間の角のコサイン  F06FAF
   2つのベクトルの交換  F06EGF
   2つのベクトルの内積  F06EAF
   2つのベクトルへ対称平面回転を適用  F06FPF
  整数ベクトル
   スカラーをベクトルへ拡張  F06DBF
   ベクトルの複写  F06DFF
  複素ベクトル
   実平面回転の適用  F06KPF
   実ベクトルを複素ベクトルへ複写  F06KFF
   スカラーをベクトルへ拡張  F06HBF
   スケーリングされた形でユークリッドノルムの更新  F06KJF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)の生成  F06HRF
   単純鏡映(ハウスホルダー行列)のベクトルへの適用  F06HTF
   複素平面回転の適用  F06HPF
   二つのベクトルの積,共役  F06GBF
   二つのベクトルの積,非共役  F06GAF
   平面回転列の生成  F06HQF
   平面回転を適用
    実余弦(cos)と複素正弦(sin)  F06HMF
   ベクトルと実スカラーの逆数の積  F06KEF
   ベクトルと実スカラーの積  F06JDF
   ベクトルと実スカラーの積,入力ベクトルを保護  F06KDF
   ベクトルと実対角行列の積  F06KCF
   ベクトルと複素スカラーの積  F06GDF
   ベクトルと複素スカラーの積,入力ベクトルを保護  F06HDF
   ベクトルと複素対角行列の積  F06HCF
   ベクトルにスカラー倍のベクトルを加える  F06GCF
   ベクトルの複写  F06GFF
   ベクトルの符号反転  F06HGF
   ベクトルのユークリッド・ノルム  F06JJF
   ベクトル要素の絶対値の和  F06JKF
   最も大きな絶対値の要素のインデックス  F06JMF
   2つのベクトルの交換  F06GGF
 レベル2(行列-ベクトルと行列 ) 演算
  実行列とベクトル
   行列の行または列の置換
    実数配列による置換  F06QKF
    整数配列による置換  F06QJF
   行列ベクトル積
    矩形帯行列  F06PBF
    矩形行列  F06PAF
    三角圧縮行列  F06PHF
    三角帯行列  F06PGF
    三角行列  F06PFF
    対称圧縮行列  F06PEF
    対称帯行列  F06PDF
    対称行列  F06PCF
   対称行列の直交相似変換
    平面回転列  F06QMF
   ノルムの計算または最も大きい絶対値の計算
    一般行列  F06RAF
    帯行列  F06RBF
    行列初期化  F06QHF
    三角帯行列  F06RLF
    三角行列,圧縮形式  F06RKF
    三重対角行列  F06RNF
    対称帯行列  F06REF
    対称行列  F06RCF
    対称行列,圧縮行列  F06RDF
    対称行列,RFP(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WAF
    対称三重対角行列  F06RPF
    台形行列  F06RJF
    ヘッセンベルグ行列  F06RMF
   平面回転列によるQR 分解
    上三角行列のランク1更新  F06QPF
    全行による上三角行列  F06QQF
   平面回転列によるQR or RQ 分解
    上スパイク行列  F06QSF
    上ヘッセンベルベルグ行列  F06QRF
   平面回転列の上三角行列への適用による上スパイク行列の計算  F06QWF
   平面回転列の上三角行列への適用による上ヘッセンベルク行列の計算  F06QVF
   平面回転列を矩形行列へ適用  F06QXF
   ランク1更新
    矩形行列  F06PMF
    対称圧縮行列  F06PQF
    対称行列  F06PPF
   ランク2更新
    行列複写、矩形または台形  F06QFF
    対称圧縮行列  F06PSF
    対称行列  F06PRF
   連立方程式の解
    三角圧縮行列  F06PLF
    三角帯行列  F06PKF
    三角行列  F06PJF
   UZQR 分解 またはZURQ 分解 ,U が上三角行列でZ が平面回転列の場合  F06QTF
  複素行列とベクトル
   エルミート行列のユニタリ相似変換
    平面回転列  F06TMF
   行列の行または列の置換
    実配列による置換  F06VKF
    整数配列による置換  F06VJF
   行列の初期化  F06THF
   行列ベクトル積
    エルミート圧縮行列  F06SEF
    エルミート帯行列  F06SDF
    エルミート行列  F06SCF
    矩形帯行列  F06SBF
    矩形行列  F06SAF
    三角圧縮行列  F06SHF
    三角帯行列  F06SGF
    三角行列  F06SFF
    対称圧縮行列  F06TCF
    対称行列  F06TAF
   ノルムの計算または最も大きい絶対値の計算
    一般行列  F06UAF
    エルミート帯行列  F06UEF
    エルミート行列  F06UCF
    エルミート行列,圧縮格納形式  F06UDF
    エルミート行列,RFR(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WNF
    エルミート三重対角行列  F06UPF
    帯行列  F06UBF
    三角帯行列  F06ULF
    三角行列,圧縮格納形式  F06UKF
    三重対角行列  F06UNF
    対称帯行列  F06UHF
    対称行列  F06UFF
    対称行列,圧縮形式  F06UGF
    台形行列  F06UJF
    ヘッセンベルグ行列  F06UMF
   平面回転によるQR 分解
    上三角行列のランク1更新  F06TPF
    完全な行で拡張された上三角行列  F06TQF
   平面回転列によるQR またはRQ 分解
    上スパイク行列  F06TSF
    上ヘッセンベルグ行列  F06TRF
   平面回転列の上三角行列の適用による上スパイク行列の計算  F06TWF
   平面回転列の上三角行列の適用による上ヘッセンベルク行列の計算  F06TVF
   平面回転列を矩形行列へ適用
    実コサインと実サイン  F06VXF
    実コサイン,複素サイン  F06TXF
    複素コサイン,実サイン  F06TYF
   ランク1更新
    エルミート圧縮行列  F06SQF
    エルミート行列  F06SPF
    矩形行列,共役ベクトル  F06SNF
    矩形行列,非共役ベクトル  F06SMF
    対称圧縮行列  F06TDF
    対称行列  F06TBF
   ランク2更新
    エルミート圧縮行列  F06SSF
    エルミート行列  F06SRF
    行列複写,矩形または台形  F06TFF
   連立方程式の解
    三角圧縮行列  F06SLF
    三角帯行列  F06SKF
    三角行列  F06SJF
   UZQR 分解またはZURQ 分解,U が上三角行列で Z が平面回転列の場合  F06TTF
 レベル3 (行列-行列) 演算
  実行列
   行列積
    1つの矩形行列  F06YAF
    1つの三角行列  F06YFF
    1つの対称行列  F06YCF
   三角連立方程式の解  F06YJF
   三角連立方程式の解,RFP(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WBF
   対称行列のランク2K更新  F06YRF
   ランクK更新
    対称行列  F06YPF
    対称行列,RFP(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WCF
  複素行列
   行列積
    1つのエルミート行列  F06ZCF
    1つの三角行列  F06ZFF
    1つの対称行列  F06ZTF
    2つの矩形行列  F06ZAF
   三角連立方程式の解  F06ZJF
   三角連立方程式の解,RFP(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WPF
   ランク2更新
    エルミート行列  F06ZRF
    対称行列  F06ZWF
   ランクK更新
    エルミート行列  F06ZPF
    エルミート行列,RFP(Rectangular Full Packed )フォーマット  F06WQF
    対称行列  F06ZUF
 
F07 一次方程式
F07 チャプター・イントロダクション
 解に反復改良を適用し誤差推定を計算
  係数行列の分解後
   実帯行列T F07BHF
   実行列T F07AHF
   実三重対角行列T F07CHF
   実対称正定値帯行列T F07HHF
   実対称正定値行列T F07FHF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式T F07GHF
   実対称正定値三重対角行列T F07JHF
   実対称不定値行列T F07MHF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式T F07PHF
   複素エルミート正定値帯行列T F07HVF
   複素エルミート正定値行列T F07FVF
   複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式T F07GVF
   複素エルミート正定値三重対角行列T F07JVF
   複素エルミート不定値行列T F07MVF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式T F07PVF
   複素帯行列T F07BVF
   複素行列T F07AVF
   複素三重対角行列T F07CVF
   複素対称不定値行列T F07NVF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式T F07QVF
 逆行列
  係数行列の分解後
   実行列  F07AJF
   実対称正定値行列  F07FJF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式  F07GJF
   実対称正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット  F07WJF
   実対称不定値行列  F07MJF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07PJF
   複素エルミート正定値行列  F07FWF
   複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式  F07GWF
   複素エルミート正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット  F07WWF
   複素エルミート不定値行列  F07MWF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式  F07PWF
   複素行列  F07AWF
   複素対称不定値行列  F07NWF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07QWF
  実三角行列  F07TJF
  実三角行列,圧縮型格納形式  F07UJF
  実三角行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット
   優れたドライバ  F07WKF
  複素三角行列  F07TWF
  複素三角行列,圧縮型格納形式  F07UWF
  複素三角行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット
   優れたドライバ  F07WXF
 行と列のスケーリング
  実帯行列  F07BFF
  実行列  F07AFF
  実対称正定値帯行列  F07HFF
  実対称正定値行列  F07FFF
  実対称正定値行列,圧縮型格納形式  F07GFF
  複素エルミート正定値帯行列  F07HTF
  複素エルミート正定値行列  F07FTF
  複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式  F07GTF
  複素帯行列  F07BTF
  複素行列  F07ATF
 誤差推定
  実三角帯行列T F07VHF
  実三角行列T F07THF
  実三角行列,圧縮型格納形式T F07UHF
  複素三角帯行列T F07VVF
  複素三角行列T F07TVF
  複素三角行列,圧縮型格納形式T F07UVF
 条件数推定
  係数行列の分解後
   実帯行列  F07BGF
   実行列  F07AGF
   実三重対角行列  F07CGF
   実対称正定値帯行列  F07HGF
   実対称正定値行列  F07FGF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式  F07GGF
   実対称正定値三重対角行列  F07JGF
   実対称不定値行列  F07MGF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07PGF
   複素エルミート正定値帯行列  F07HUF
   複素エルミート正定値行列  F07FUF
   複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式  F07GUF
   複素エルミート正定値三重対角行列  F07JUF
   複素エルミート不定値行列  F07MUF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式  F07PUF
   複素帯行列  F07BUF
   複素行列  F07AUF
   複素三重対角行列  F07CUF
   複素対称不定値行列  F07NUF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07QUF
  実三角帯行列  F07VGF
  実三角行列  F07TGF
  実三角行列,圧縮型格納形式  F07UGF
  複素三角帯行列  F07VUF
  複素三角行列  F07TUF
  複素三角行列,圧縮型格納形式  F07UUF
 連立線形方程式の解
  簡易なドライバルーチン
   実帯行列E F07BAF
   実行列E F07AAF
   実行列,混合精度を使用E F07ACF
   実三角帯行列T F07VEF
   実三角行列  F07CAF
   実三角行列,圧縮型格納形式T F07UEF
   実対称正定値帯行列E F07HAF
   実対称正定値行列E F07FAF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式E F07GAF
   実対称正定値行列,混合精度を使用E F07FCF
   実対称正定値三重対角行列  F07JAF
   実対称不定値行列  F07MAF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07PAF
   複素エルミート正定値帯行列E F07HNF
   複素エルミート正定値行列E F07FNF
   複素エルミート制定値行列,圧縮型格納形式E F07GNF
   複素エルミート正定値行列,混合精度を使用E F07FQF
   複素エルミート正定値三重対角行列  F07JNF
   複素エルミート不定値行列  F07MNF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式  F07PNF
   複素帯行列E F07BNF
   複素行列E F07ANF
   複素行列,混合精度を使用E F07AQF
   複素三角帯行列T F07VSF
   複素三角行列  F07TSF
   複素三角行列,圧縮型格納形式T F07USF
   複素三重対角行列  F07CNF
   複素対称不定値行列  F07NNF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07QNF
  係数行列の分解後
   実帯行列T F07BEF
   実行列T F07AEF
   実三重対角行列  F07CEF
   実対称正定値帯行列T F07HEF
   実対称正定値行列T F07FEF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式T F07GEF
   実対称正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット  F07WEF
   実対称正定値三重対角行列  F07JEF
   実対称不定値行列  F07MEF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07PEF
   複素エルミート正定値帯行列T F07HSF
   複素エルミート正定値行列T F07FSF
   複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式T F07GSF
   複素エルミート正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed)フォーマット  F07WSF
   複素エルミート正定値三重対角行列  F07JSF
   複素エルミート不定値行列  F07MSF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式  F07PSF
   複素帯行列T F07BSF
   複素行列T F07ASF
   複素三重対角行列  F07CSF
   複素対称不定値行列  F07NSF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07QSF
  高度なドライバルーチン(行列を分解し連立線形方程式を解き、条件数と誤差限界の推定値を求める)
   実帯行列(LU分解)E F07BBF
   実行列(LU分解)E F07ABF
   実三重対角行列(LU分解)E F07CBF
   実対称正定値帯行列(コレスキー分解)E F07HBF
   実対称正定値行列(コレスキー分解)E F07FBF
   実対称正定値行列,圧縮型格納形式(コレスキー分解)E F07GBF
   実対称正定値三重対角行列(コレスキー分解)E F07JBF
   実対称不定値行列(対角ピボット選択法による分解)E F07MBF
   実対称不定値行列,圧縮型格納形式(対角ピボット選択法による分解)E F07PBF
   複素エルミート正定置帯行列(コレスキー分解)E F07HPF
   複素エルミート正定値行列(コレスキー分解)E F07FPF
   複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式(コレスキー分解)E F07GPF
   複素エルミート正定値三重対角行列(コレスキー分解)E F07JPF
   複素エルミート不定値行列(対角ピボット選択法による分解)E F07MPF
   複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式(対角ピボット選択法による分解)E F07PPF
   複素帯行列(LU分解)E F07BPF
   複素行列(LU分解)E F07APF
   複素三重対角行列(LU分解)E F07CPF
   複素対称不定値行列(対角ピボット選択法による分解)E F07NPF
   複素対称不定値行列,圧縮型格納形式(対角ピボット選択法による分解)E F07QPF
 LDLT 分解
  実対称正定値三重対角行列  F07JDF
  複素エルミート正定値三重対角行列  F07JRF
 LLT または UTU 分解
  実対称正定値帯行列  F07HDF
  実対称正定値行列T F07FDF
  実対称正定値行列,圧縮型格納形式  F07GDF
  実対称正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed) フォーマットE F07WDF
  実対称半正定値行列  F07KDF
  複素エルミート正定値帯行列  F07HRF
  複素エルミート正定値行列T F07FRF
  複素エルミート正定値行列,圧縮型格納形式  F07GRF
  複素エルミート正定値行列,RFP(Rectangular Full Packed) フォーマットE F07WRF
  複素エルミート半正定値行列  F07KRF
 LU 分解
  実帯行列T F07BDF
  実行列T F07ADF
  実三重対角行列  F07CDF
  複素帯行列T F07BRF
  複素行列T F07ARF
  複素三重対角行列  F07CRF
 PLDLTPT またはPUDUTPT 分解
  実対称不定値行列  F07MDF
  実対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07PDF
  複素エルミート不定値行列  F07MRF
  複素エルミート不定値行列,圧縮型格納形式  F07PRF
  複素対称不定値行列  F07NRF
  複素対称不定値行列,圧縮型格納形式  F07QRF
 
F08 最小二乗と固有値問題
F08 チャプター・イントロダクション
 圧縮形式の行列の一般化固有値問題
  実対称正定値固有値問題
   一般行列
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08SAF
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TAF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08SBF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TBF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08SCF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TCF
   帯行列
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08UAF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08UBF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08UCF
  複素エルミート正定値固有値問題
   一般行列
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08SNF
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TNF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08SPF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TPF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08SQF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式T F08TQF
   帯行列
    三重対角形式への縮約による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08UNF
    三重対角形式への縮約による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08UPF
    分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08UQF
 圧縮形式の行列の固有値問題
  実準対角行列
   特異値分解
    実一般行列からの縮約T F08MEF
    実一般行列からの縮約,分割統治法を使用E F08MDF
    複素一般行列からの縮約T F08MSF
  実対称行列
   固有値と固有ベクトル
    一般行列
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08FCF
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08GCF
     Relatively Robust Representationsを用いた全ての固有値と固有ベクトルまたは2分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトル E F08FDF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08FAF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08GAF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08FBF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08GBF
    帯行列
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08HCF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08HAF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08HBF
   固有値のみ
    一般行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算E F08FAF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,圧縮型格納形式を使用E F08GAF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,二分法による選択された固有値の計算E F08FBF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,二分法による選択された固有値の計算,圧縮型格納形式を使用E F08GBF
    帯行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算E F08HAF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,二分法による選択された固有値の計算E F08HBF
  実対称三重対角行列
   固有値と固有ベクトル
    逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算T F08JKF
    全ての固有値と固有ベクトルの計算T F08JEF
    全ての固有値と固有ベクトルの計算,正定値行列E F08JGF
    全ての固有値と固有ベクトルの計算,分割統治法を使用E F08JHF
    全ての固有値と固有ベクトルの計算,Relatively Robust Representationsを使用E F08JLF
    複素エルミート行列からの縮約
     逆反復法による選択された固有ベクトルの計算T F08JXF
     全ての固有値と固有ベクトルの計算T F08JSF
     全ての固有値と固有ベクトルの計算,正定値行列E F08JUF
     全ての固有値と固有ベクトルの計算,分割統治法を使用E F08JVF
     全ての固有値と固有ベクトルの計算,Relatively Robust Representationsを使用E F08JYF
    分割統治法を使用した全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08JCF
    Relatively Robust Representationsを使用した全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08JDF
    root-free QR アルゴリズムを使用した全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08JAF
    root-free QR アルゴリズムを使用した全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08JBF
   固有値のみ
    二分法による選択された固有値の計算T F08JJF
    QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算E F08JAF
    QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,または二分法による選択された固有値の計算E F08JBF
    root-free QR アルゴリズムを使用した全ての固有値と固有ベクトルの計算  F08JFF
  実ヘッセンベルグ行列,実一般行列からの縮約
   逆反復法による選択された右辺および/または左辺固有ベクトルの計算T F08PKF
   固有値とSchur分解E F08PEF
  複素上ヘッセンベルグ行列,複素一般行列からの縮約
   逆反復法による選択された右辺および/または左辺の固有ベクトルT F08PXF
   固有値とSchur分解E F08PSF
  複素エルミート行列
   固有値と固有ベクトル
    一般行列
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08FQF
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08GQF
     Relatively Robust Representationsを用いた全ての固有値と固有ベクトルの計算または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08FRF
      root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08FNF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08FPF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08GPF
      root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式E F08GNF
    帯行列
     分割統治法による全ての固有値と固有ベクトルの計算,圧縮型格納形式を使用E F08HQF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算E F08HNF
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算E F08HPF
   固有値のみ
    一般行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算E F08FNF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,圧縮型格納形式を使用E F08GNF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,または二分法による選択された固有値の計算E F08FPF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,または二分法による選択された固有値の計算,圧縮型格納形式を使用E F08GPF
    帯行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算E F08HNF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,圧縮型格納形式を使用E F08HQF
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,または二分法による選択された固有値の計算E F08HPF
 一般化 Sylvester 方程式の解
  実行列  F08YHF
  複素行列  F08YVF
 一般化固有値問題の標準固有値問題への縮約
  実対称定値一般化固有値問題Ax = λBxABx = λx または BAx = λx  F08SEF
  実対称定値一般化固有値問題Ax = λBxABx = λx または BAx = λx, 圧縮型格納形式  F08TEF
  実対称定値帯一般化固有値問題Ax = λBx  F08UEF
  複素エルミート定値一般化固有値問題Ax = λBxABx = λx または BAx = λx  F08SSF
  複素エルミート定値一般化固有値問題Ax = λBxABx = λx または BAx = λx, 圧縮型格納形式  F08TSF
  複素エルミート定値帯一般化固有値問題Ax = λBx  F08USF
 一般化特異値分解
  一般行列ペアの三角行列または台形行列への縮約
   実行列  F08VEF
   複素行列  F08VSF
  実一般行列から縮約
   実三角行列または台形行列ペア  F08YEF
  実行列ペア  F08VAF
  複素一般行列から縮約
   複素三角行列または台形行列ペア  F08YSF
  複素行列ペア  F08VNF
 一般化QR 分解
  実行列E F08ZEF
  複素行列E F08ZSF
 一般化RQ 分解
  実行列E F08ZFF
  複素行列E F08ZTF
 一般行列のSchur分解の演算
  実行列
   固有値及び/または固有ベクトルの感度の推定  F08QLF
   左右固有ベクトルの計算  F08QKF
   Schur分解の並べ替え  F08QFF
   Schur分解の並べ替え,不変部分空間の 基底の計算,感度の推定  F08QGF
  複素行列
   固有値及び/または固有ベクトルの感度の推定  F08QYF
   左右固有ベクトルの計算  F08QXF
   Schur分解の並べ替え  F08QTF
   Schur分解の並べ替え,不変部分空間の 基底の計算,感度の推定  F08QUF
 一般行列ペアの一般化上ヘッセンベルグ形への縮約
  直交縮約,実行列  F08WEF
  ユニタリ縮約,複素行列  F08WSF
 一般行列ペアの一般化Schur分解の演算
  実行列
   固有値及び/または固有ベクトルの条件数の推定  F08YLF
   Schur分解の並べ替え  F08YFF
   Schur分解の並べ替え,一般化固有値と条件数の計算  F08YGF
  複素行列
   固有値及び/または固有ベクトルの条件数の推定  F08YYF
   Schur分解の並べ替え  F08YTF
   Schur分解の並べ替え,一般化固有値と条件数の計算  F08YUF
 一般Gauss–Markov 線形モデル
  実一般Gauss–Markov 線形モデル問題の解E F08ZBF
  複素一般Gauss–Markov 線形モデル問題の解E F08ZPF
 行列ペアの左右固有ベクトル
  実準三角行列  F08YKF
  複素上三角行列  F08YXF
 固有値と一般化Schur分解
  実一般化上ヘッセンベルグ形式  F08XEF
  複素一般化上ヘッセンベルグ形式  F08XSF
 固有値問題の縮約形への縮約と関連する演算
  実一般行列から縮約上ヘッセンベルグ形へ
   直交行列の生成E F08NFF
   直交行列の適用E F08NGF
   ヘッセンベルグ形への縮約  F08NEF
  実矩形帯行列から上準対角形へ  F08LEF
  実矩形行列から準対角形へ
   準対角形への縮約T F08KEF
   直交行列の生成E F08KFF
   直交行列の適用E F08KGF
  実対称帯行列から対称三重対角形へT F08HEF
  実対称行列から対称三重対角形へ
   三重対角形への縮約T F08FEF
   三重対角形への縮約,圧縮型格納形式  F08GEF
   直交行列の生成T F08FFF
   直交行列の生成,圧縮型格納形式T F08GFF
   直交行列の適用E F08FGF
   直交行列の適用,圧縮型格納形式  F08GGF
  複素一般行列から上ヘッセンベルグ形へ
   直交行列の生成E F08NTF
   直交行列の適用E F08NUF
   ヘッセンベルグ形式への縮約  F08NSF
  複素エルミート帯行列から実対称三重対角形式へT F08HSF
  複素エルミート行列から実対称三重対角形式へ
   三重対角形への縮約T F08FSF
   三重対角形への縮約,圧縮型格納形式  F08GSF
   ユニタリ行列の生成T F08FTF
   ユニタリ行列の生成,圧縮型格納形式T F08GTF
   ユニタリ行列の適用E F08FUF
   ユニタリ行列の適用,圧縮型格納形式  F08GUF
  複素矩形帯行列から実上準対角形へ  F08LSF
  複素矩形行列から実準対角形へ
   準対角形への縮約T F08KSF
   ユニタリ行列の生成E F08KTF
   ユニタリ行列の適用E F08KUF
 最小2乗問題
  実行列
   上台形行列の上三角行列への縮約  F08BHF
   完全直交分解を用いた最小ノルムの解E F08BAF
   直交行列の適用  F08BKF
   特異値分解を用いた最小ノルムの解E F08KAF
   特異値分解(分割統治法)を用いた最小ノルムの解E F08KCF
  複素行列
   上台形行列の上三角行列への縮約  F08BVF
   完全直交分解を用いた最小ノルムの解E F08BNF
   直交行列の適用  F08BXF
   特異値分解を用いた最小ノルムの解E F08KNF
   特異値分解(分割統治法)を用いた最小ノルムの解E F08KQF
 実対称行列または複素エルミート行列の固有ベクトルの演算,または一般行列の特異ベクトルの演算
  条件数の推定  F08FLF
 線形等式制約をもつ最小2乗問題
  実行列
   一般化RQ分解を用いた線形等式制約のある最小ノルムの解E F08ZAF
  複素行列
   一般化RQ分解を用いた線形等式制約のある最小ノルムの解E F08ZNF
 線形方程式の優決定及び劣決定
  実行列
   優決定あるいは劣決定の実線形連立方程式の解E F08AAF
  複素行列
   優決定あるいは劣決定の複素線形連立方程式の解E F08ANF
 特異値分解
  実行列
   高速回転とde Rijksのピボット法を用いた前処理つきヤコビ特異値分解E F08KHF
   高速回転とde Rijksのピボット法を使用  F08KJF
   準対角QR 反復法を使用E F08KBF
   分割統治法を使用E F08KDF
  複素行列
   準対角QR 反復法を使用E F08KPF
   分割統治法を使用E F08KRF
 バランス化
  実一般行列  F08NHF
  複素一般行列  F08NVF
  2つの実一般行列  F08WHF
  2つの複素一般行列  F08WVF
 バランス化された固有ベクトルからの元の固有ベクトルへの変換
  実行列  F08NJF
  複素行列  F08NWF
 バランス化された固有ベクトルから元の一般化固有ベクトルへの変換
  実行列  F08WJF
  複素行列  F08WWF
 非対称行列の固有値問題
  実行列
   全ての固有値と左右固有ベクトルE F08NAF
   全ての固有値と左右固有ベクトル,バランス変換,条件数の逆数E F08NBF
   全ての固有値,Schur形式,SchurベクトルE F08PAF
   全ての固有値,Schur形式,Schurベクトルと条件数の逆数E F08PBF
  複素行列
   全ての固有値と左右固有ベクトルE F08NNF
   全ての固有値と左右固有ベクトル,バランス変換,条件数の逆数E F08NPF
   全ての固有値,Schur形式,SchurベクトルE F08PNF
   全ての固有値,Schur形式,Schurベクトルと条件数の逆数E F08PPF
 非対称行列ペアの一般化固有値問題
  複素非対称行列ペア
   全ての固有値と左右固有ベクトルE F08WNF
   全ての固有値と左右固有ベクトル,及びバランス変換,条件数の逆数E F08WPF
   全ての固有値,一般化Schur形式及びSchurベクトルE F08XNF
   全ての固有値,一般化Schur形式,Schurベクトル及び条件数の逆数E F08XPF
  2つの実非対称行列
   全ての固有値と左右固有ベクトルE F08WAF
   全ての固有値と左右固有ベクトル,及びバランス変換,条件数の逆数E F08WBF
   全ての固有値,一般化実Schur形式及び左右SchurベクトルE F08XAF
   全ての固有値,一般化実Schur形式及び左右Schurベクトル,及び条件数の逆数を計算E F08XBF
 LQ 分解と関連する演算
  実行列
   直交行列の全てまたは一部を生成  F08AJF
   直交行列の適用  F08AKF
   分解  F08AHF
  複素行列
   分解  F08AVF
   ユニタリ行列の全てまたは一部を生成  F08AWF
   ユニタリ行列の適用  F08AXF
 QL 分解と関連する演算
  実行列
   直交行列の全てまたは一部の生成  F08CFF
   直交行列の適用  F08CGF
   分解  F08CEF
  複素行列
   分解  F08CSF
   ユニタリ行列の全てまたは一部の生成  F08CTF
   ユニタリ行列の適用  F08CUF
 QR 分解と関連する演算
  実行列
   一般行列
    直交行列の適用T F08AGF
    直交行列の全てまたは一部の生成T F08AFF
    分解T F08AEF
     列によるピボット選択付き,BLAS-3を使用E F08BFF
    分解,列によるピボット選択つき  F08BEF
  複素行列
   一般行列
    分解T F08ASF
     列によるピボット選択付き,BLAS-3を使用E F08BTF
    分解,列によるピボット選択つき  F08BSF
    ユニタリ行列の適用T F08AUF
    ユニタリ行列の全てまたは一部の生成T F08ATF
 RQ 分解と関連する演算
  実行列
   直交行列の全てまたは一部の生成  F08CJF
   直交行列の適用  F08CKF
   分解  F08CHF
  複素行列
   分解  F08CVF
   ユニタリ行列の全てまたは一部の生成  F08CWF
   ユニタリ行列の適用  F08CXF
 Splitコレスキー分解の計算
  実対称正定値帯行列  F08UFF
  複素エルミート正定値帯行列  F08UTF
 Sylvester 方程式の縮約形の解
  実行列  F08QHF
  複素行列  F08QVF
 
F11 スパース線形代数
F11 チャプター・イントロダクション
 解の反復改良と誤差推定を計算(係数行列の分解後)
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列T F11MHF
 実スパース非対称線形方程式の基本ルーチン
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列の行列積T F11MKF
 実対称線形方程式の基本ルーチン
  診断ルーチン  F11GFF
  設定ルーチン  F11GDF
  CG または SYMMLQ ソルバー
   不完全コレスキー前処理付きE F11JCF
   前処理なし,ヤコビまたはSSOR前処理付きE F11JEF
  Reverse Communication CG または SYMMLQ ソルバーT F11GEF
 実非対称線形方程式の基本ルーチン
  診断ルーチン  F11BFF
  設定ルーチン  F11BDF
  Reverse Communication RGMRES, CGS, Bi-CGSTAB() または TFQMR ソルバルーチンT F11BEF
 実非対称線形方程式のブラックボックスルーチン
  RGMRES, CGS, Bi-CGSTAB() または TFQMR ソルバー
   不完全LU 前処理E F11DCF
   ブロックヤコビまたは 付加的 Schwarz 前処理付きE* F11DGF
   前処理なし,ヤコビ または SSOR 前処理付きE F11DEF
 条件数推定(係数行列の分解後)
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列  F11MGF
 ノルムまたは最大絶対値の要素の計算
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列  F11MLF
 複素エルミート線形方程式の基本ルーチン
  診断ルーチン  F11GTF
  設定ルーチン  F11GRF
  Reverse Communication CG または SYMMLQ ソルバルーチンT F11GSF
 複素エルミート線形方程式のブラックボックスルーチン
  CG または SYMMLQ ソルバー
   不完全コレスキー前処理付きE F11JQF
   前処理なし,ヤコビ または SSOR 前処理付きE F11JSF
 複素非エルミート線形方程式の基本ルーチン
  診断ルーチン  F11BTF
  設定ルーチン  F11BRF
  Reverse Communication RGMRES, CGS, Bi-CGSTAB() または TFQMR ソルバルーチンT F11BSF
 複素非エルミート線形方程式のブラックボックスルーチン
  RGMRES, CGS, Bi-CGSTAB() または TFQMR ソルバー
   不完全LU 前処理付きE F11DQF
   ブロックヤコビまたは 付加的 Schwarz 前処理付きE* F11DUF
   前処理なし,ヤコビ または SSOR 前処理付きE F11DSF
 連立線形方程式の解(係数行列の分解後)
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列T F11MFF
 LU 分解
  圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列T F11MEF
  診断ルーチン
   圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列  F11MMF
  設定ルーチン
   圧縮列格納形式(CCS)の実スパース非対称行列E F11MDF
 実対称線形方程式のユーティリティルーチン
  不完全コレスキー分解  F11JAF
  F11JAFにより生成された前処理行列を含む線形方程式の解  F11JBF
  SCSフォーマットの実対称行列の行列ベクトル積T F11XEF
  SCSフォーマットの実対称行列の並べ替えルーチン  F11ZBF
  SSOR前処理行列を含む線形方程式の解  F11JDF
 非対称線形方程式のユーティリティルーチン
  局所または重複対角ブロックの不完全LU分解* F11DFF
  反復ヤコビ法を含む線形方程式の解E F11DKF
  不完全LU 分解  F11DAF
  CSフォーマットの実非対称行列の行列ベクトル積T F11XAF
  CSフォーマットの実非対称行列の並べ替えルーチン  F11ZAF
  F11DAFにより生成された前行列を含む線形方程式の解  F11DBF
  SSOR前処理行列を含む線形方程式の解  F11DDF
 非複素エルミート線形方程式のユーティリティルーチン
  局所または重複対角ブロックの不完全LU 分解* F11DTF
  反復ヤコビ法を含む線形方程式の解E F11DXF
  不完全LU 分解  F11DNF
  CSフォーマットの複素非エルミート行列の行列ベクトル積T F11XNF
  CSフォーマットの複素非エルミート行列の並べ替えルーチン  F11ZNF
  F11DNFにより生成された前処理行列を含む線形方程式の解  F11DPF
  SSOR 前処理行列を含む線形方程式の解  F11DRF
 複素エルミート線形方程式のユーティリティルーチン
  不完全コレスキー分解  F11JNF
  F11JNFにより生成された前処理行列を含む線形方程式の解  F11JPF
  SCSフォーマットの複素エルミート行列の行列ベクトル積T F11XSF
  SCSフォーマットの複素エルミート行列の並べ替えルーチン  F11ZPF
  SSOR前処理行列を含む線形方程式の解  F11JRF
 
F12 大規模固有値問題
F12 チャプター・イントロダクション
 実対称行列の標準固有値問題または一般化固有値問題
  一般行列
   オプション設定  F12FDF
   選択された固有値,固有ベクトル及び/または元の問題のSchurベクトルE F12FCF
   問題と手法の初期化  F12FAF
   Reverse Communication モニタリング  F12FEF
   Reverse Communication Implicitly Restarted Arnoldi (Lanczos) 法T F12FBF
  帯行列
   選択された固有値,固有ベクトル,及び/またはSchurベクトルE F12FGF
   問題と手法の初期化  F12FFF
 実非対称行列の標準固有値問題または一般化固有値問題
  一般行列
   オプション設定  F12ADF
   選択された固有値,固有ベクトル及び/または元の問題のSchurベクトル  F12ACF
   問題と手法の初期化  F12AAF
   Reverse Communication モニタリング  F12AEF
   Reverse Communication Implicitly Restarted Arnoldi 法T F12ABF
  帯行列
   選択された固有値,固有ベクトル,及び/またはSchurベクトルT F12AGF
   問題と手法の初期化  F12AFF
 複素行列の標準固有値問題または一般化固有値問題
  一般行列
   オプション設定  F12ARF
   選択された固有値,固有ベクトル及び/または元の問題のSchurベクトル  F12AQF
   問題と手法の初期化  F12ANF
   Reverse Communication モニタリング  F12ASF
   Reverse Communication Implicitly Restarted Arnoldi 法T F12APF
  帯行列
   選択された固有値,固有ベクトル,及び/またはSchurベクトルE* F12AUF
   問題と手法の初期化* F12ATF
 
F16 その他の線形代数サポートルーチン
F16 チャプター・イントロダクション
 行列ベクトル演算
  実行列とベクトル
   ノルムの計算または絶対値が最大の要素の計算
    帯行列  F16RBF
  複素行列とベクトル
   ノルムの計算または絶対値が最大の要素の計算
    帯行列  F16UBF
 スカラーとベクトル演算
  実ベクトル
   最小絶対値とその指標  F16JRF
   最小値とその指標  F16JPF
   最大絶対値とその指標  F16JQF
   最大値とその指標  F16JNF
   入力を保持した,2つのスケーリングされたベクトルの加算  F16EHF
   ベクトル成分の合計  F16ELF
   2つのスケーリングされたベクトルの加算* F16ECF
  整数ベクトル
   最小絶対値とその指標  F16DRF
   最小値とその指標  F16DPF
   最大絶対値とその指標  F16DQF
   最大値とその指標  F16DNF
   ベクトル成分の合計  F16DLF
  複素ベクトル
   最小絶対値とその指標  F16JTF
   最大絶対値とその指標  F16JSF
   入力を保持した,2つのスケーリングされたベクトルの加算  F16GHF
   ベクトル成分の合計  F16GLF
   2つのスケーリングされたベクトルの加算* F16GCF
 
G01 単純な計算と統計データ
G01 チャプター・イントロダクション
 記述統計/探索解析
  プロット
   幹葉図E G01ARF
   散布図E G01AGF
   正規確率(QQ) プロットE G01AHF
   箱ひげ図  G01ASF
   ヒストグラム  G01AJF
  要約
   中央値,ヒンジ,四分位数,最小値,最大値  G01ALF
   度数表/分割表
    1変数  G01AEF
    2変数, χ 2 及びフィッシャーの直接確率検定  G01AFF
   平均,分散,歪度,尖度(1変数)
    度数表から  G01ADF
    生データからT* G01ATF
    要約情報の結合* G01AUF
   平均,分散,2乗和,積(2変数)  G01ABF
   四分位数
    近似
     既知のサイズの大容量データストリームE G01ANF
     サイズが不明な大容量データストリームE G01APF
    並べ替えられていないベクトル  G01AMF
   ローリングウィンドウ
    平均,標準偏差(1変数)T* G01WAF
 スコア
  正規スコア
   近似値  G01DBF
   正確な値  G01DAF
   分散共分散行列  G01DCF
  正規スコア,順位または指数(Savage)スコア  G01DHF
 分布
  エネルギー損失分布
   バビロフ(Vavilov)
    初期化  G01ZUF
    分布  G01EUF
    密度  G01MUF
   ランダウ(Landau)
    逆分布  G01FTF
    第一モーメント  G01PTF
    第二モーメント  G01QTF
    分布  G01ETF
    密度  G01MTF
    密度導関数  G01RTF
  ガンマ分布
   確率
    スカラー  G01EFF
    ベクトル化* G01SFF
   確率密度関数
    スカラー  G01KFF
    ベクトル化* G01KKF
   偏差
    スカラー  G01FFF
    ベクトル化* G01TFF
  コルモゴロフ・スミルノフ(Kolomogorov–Smirnov)分布
   確率
    1標本  G01EYF
    2標本  G01EZF
  スチューデント化された範囲の統計量
   確率E G01EMF
   偏差  G01FMF
  ステューデントt分布
   中心
    多変量
     確率* G01HDF
    1変量
     確率
      スカラー  G01EBF
      ベクトル化* G01SBF
     偏差
      スカラー  G01FBF
      ベクトル化* G01TBF
    2変量
     確率  G01HCF
   非心
    確率  G01GBF
  正規分布
   多変量
    確率E G01HBF
    確率密度関数
     ベクトル化E* G01LBF
    二次形式
     カラムとモーメント  G01NAF
     比のモーメント  G01NBF
   1変量
    確率
     スカラー  G01EAF
     ベクトル化* G01SAF
    確率密度関数
     スカラー  G01KAF
     ベクトル化* G01KQF
    シャピロ・ウィルク(Shapiro-Wilk)の正規性検定  G01DDF
    偏差
     スカラー  G01FAF
     ベクトル化* G01TAF
    ミル(Mill)比の逆数  G01MBF
   2変量
    確率  G01HAF
  ダービンワトソン統計量
   確率  G01EPF
  超幾何分布
   分布関数
    スカラー  G01BLF
    ベクトル化* G01SLF
  フォン・ミーゼズ(von Mises)分布
   確率  G01ERF
  ベータ
   中心
    確立と確率密度関数
     スカラー  G01EEF
     ベクトル化* G01SEF
    偏差
     スカラー  G01FEF
     ベクトル化* G01TEF
   非心
    確率  G01GEF
  ポアソン分布
   分布関数
    スカラー  G01BKF
    ベクトル化* G01SKF
   χ 2分布
   中心
    確率  G01ECF
    線形結合の確率E G01JDF
    偏差  G01FCF
   非心
    確率  G01GCF
    線形結合の確率  G01JCF
   ベクトル化された確率* G01SCF
   ベクトル化された偏差* G01TCF
  2項分布
   分布関数
    スカラー  G01BJF
    ベクトル化* G01SJF
  F:分布
   中心
    確率
     スカラー  G01EDF
     ベクトル化* G01SDF
    偏差
     スカラー  G01FDF
     ベクトル化* G01TDF
   非心
    確率  G01GDF
 
G02 相関と回帰分析
G02 チャプター・イントロダクション
 一般化線形モデル
  ガンマ誤差E G02GDF
  推定可能関数  G02GNF
  正規誤差E G02GAF
  変換モデルパラメータE G02GKF
  ポアソン誤差E G02GCF
  予測値  G02GPF
  2項誤差E G02GBF
 回帰モデルの選択
  全ての可能な回帰E G02EAF
  変数増加法E G02EEF
  R2 及びCp 統計  G02ECF
 階層型混合回帰
  最尤法(ML:Maximum Likelihood)を使用T G02JEF
  制限つき最尤法(REML:Restricted Maximum Likelihood)を使用T G02JDF
 最近傍相関行列(Nearest Correlation Matrix)の計算:要素単位の重みづけを使用E* G02AJF
 最近傍相関行列(Nearest Correlation Matrix)の計算:k 因子モデルを使用E G02AEF
 最近傍相関行列(Nearest Correlation Matrix)の計算:Qi及びSunの手法を使用
  重みと限界値を組み込むようG02AAFを拡張E G02ABF
  重みなしT G02AAF
 残差
  ダービンワトソン検定  G02FCF
  標準化残差と影響の計算  G02FAF
 ステップワイズ線形回帰(変数増減法)
  多重線形性のチェック(クラークのスイープアルゴリズム)とF値による変数選択  G02EFF
 積率相関
  相関行列
   相関行列と共分散行列の計算  G02BXF
   偏相関行列と共分散行列の計算E G02BYF
   2乗和行列からの計算  G02BWF
  相関係数,全ての変数
   欠測値なしT G02BAF
   欠測値のケースごとの処理  G02BBF
   欠測値のペアごとの処理  G02BCF
  相関係数,変数のサブ集合
   欠測値なし  G02BGF
   欠測値のケースごとの処理  G02BHF
   欠測値のペアごとの処理  G02BJF
  2乗和行列
   計算  G02BUF
   結合* G02BZF
   更新  G02BTF
 線形回帰
  定数項をもたず欠測値がある  G02CDF
  定数項をもたない  G02CBF
  定数項をもち欠測値がある  G02CCF
  定数項をもつ  G02CAF
 線形混合効果回帰
  最尤法(ML:Maximum Likelihood)を使用E G02JBF
  制限つき最尤法(REML:Restricted Maximum Likelihood)を使用E G02JAF
 相関のありそうな係数
  全ての変数
   欠測値なしT G02BDF
   欠測値のケースごとの処理  G02BEF
   欠測値のペアごとの処理  G02BFF
  変数のサブ集合
   欠測値なし  G02BKF
   欠測値のケースごとの処理  G02BLF
   欠測値のペアごとの処理  G02BMF
 多重線形回帰
  相関係数からE G02CGF
  相関のありそうな係数からE G02CHF
 多重線形回帰/一般線形モデル
  新しい従属変数の回帰E G02DGF
  一般線形回帰モデルE G02DAF
  更新モデルからの回帰パラメータE G02DDF
  推定関数の計算  G02DNF
  モデルから観測値を追加/削除  G02DCF
  モデルから独立変数を削除  G02DFF
  モデルに独立変数を追加E G02DEF
  モデルパラメータの変換E G02DKF
 ノンパラメトリック順位相関(ケンドル/スピアマン)
  欠測値
   欠測値のケースごとの処理
    入力データの書き換えT G02BPF
    入力データの保持T G02BRF
   欠測値のペアごとの処理  G02BSF
  欠測値なし
   入力データの書き換えT G02BNF
   入力データの保持T G02BQF
 部分最小2乗(PLS:Partial Least Squares)
  推定PLSモデルで与えられる予測の計算  G02LDF
  特異値分解を用いた直交スコアE G02LAF
  任意の因子についてPLSモデルを適合E G02LCF
  Woldの反復法を用いた直交スコア  G02LBF
 分位点回帰(内点法:Inter Point Algorithm)
  線形
   簡易版E G02QFF
   通常版E G02QGF
 ロバスト回帰
  標準のM-推定E G02HAF
  ユーザ提供重み関数E G02HDF
  G02HDFと共に使用するための重みの計算  G02HBF
  G02HDF呼び出し後の分散・共分散行列E G02HFF
 ロバスト相関
  ユーザ提供の重み関数と導関数  G02HLF
  ユーザ提供の重み関数のみ  G02HMF
  Huber法E G02HKF
 Ridge回帰
  与えられたRidgeパラメータを使用E G02KBF
  最適化されたRidgeパラメータを使用E G02KAF
 サービスルーチン
  一般オプション取得ルーチン  G02ZLF
  一般オプション設定ルーチン  G02ZKF
  多重線形回帰
   ベクトルと行列の要素の選択  G02CEF
   ベクトルと行列の要素の並べ替え  G02CFF
 
G03 多変量解析
G03 チャプター・イントロダクション
 因子分析
  パラメータの最尤推定値の計算T G03CAF
  G03CAFの後に因子得点係数を計算  G03CCF
 回転
  負荷行列に対する直交回転の計算E G03BAF
  プロクラステス回転の計算E G03BCF
  プロマックス回転の計算E G03BDF
 クラスター分析
  階層的T G03ECF
  ガウス混合分布モデルT* G03GAF
  距離行列の計算T G03EAF
  G03ECFの後にクラスター構築  G03EJF
  G03ECFの後に系統樹を構築  G03EHF
  k平均  G03EFF
 尺度構成法
  主座標分析E G03FAF
  多次元尺度構成法  G03FCF
 主成分分析E G03AAF
 正準相関分析E G03ADF
 正準判別分析E G03ACF
 データ行列の標準値  G03ZAF
 判別分析
  群内共分散行列の等価性に関する検定統計量の計算E G03DAF
  G03DAFの後に観測値を群に割り当てる  G03DCF
  G03DAFの後にマハラノビス二乗距離を計算  G03DBF
 
G04 分散分析
G04 チャプター・イントロダクション
 一般線形モデル
  ダミー変数または因子/分類変数に対する直交多項式の計算E G04EAF
 分散分析
  完全要因計画  G04CAF
  乱塊法または完全無作為化法E G04BBF
   行と列配置E G04BCF
  2元階層的分類,不等サイズのサブグループ  G04AGF
 平均値の推定
  同時信頼区間の計算  G04DBF
  平均値の間の対比に対する2乗和の計算  G04DAF
 
G05 乱数生成器
G05 チャプター・イントロダクション
 疑似乱数
  生成器の初期化
   再現可能でない乱数列  G05KGF
   再現可能な乱数列  G05KFF
   複数ストリーム
    leap-frog  G05KHF
    skip-ahead  G05KJF
    skip-ahead (2の累乗)  G05KKF
  多変量分布から変量の配列を生成
   スチューデント t分布T G05RYF
   正規分布E G05RZF
   多項分布  G05TGF
   Dirichlet分布T G05SEF
  離散1変量分布から乱数ベクトルを生成
   一様分布  G05TLF
   幾何分布  G05TCF
   対数分布  G05TFF
   超幾何分布  G05TEF
   二項分布  G05TAF
   パラメータ配列をもつ離散分布からの変量配列
    変動平均のポワソン分布  G05TKF
   負の二項分布  G05THF
   ポワソン分布  G05TJF
   ユーザ提供の分布  G05TDF
   論理値.TRUE. または.FALSE.  G05TBF
  連続1変量分布から変量ベクトルを生成
   一様分布T G05SQF
   ガンマ分布T G05SJF
   三角分布T G05SPF
   指数混合分布T G05SGF
   スチューデントt-分布T G05SNF
   正規分布T G05SKF
   対数正規分布T G05SMF
   負の指数分布T G05SFF
   ベータ分布T G05SBF
   連続一様分布からの実数T G05SAF
   ロジスティック分布T G05SLF
   χ2分布T G05SDF
   Cauchy分布T G05SCF
   F-分布T G05SHF
   von Mises 分布T G05SRF
   Weibull 分布T G05SSF
  copula
   スチューデントt copulaT G05RCF
   Clayton/Cook–Johnson copula (多変量)T G05RHF
   Clayton/Cook–Johnson copula (2変量)T G05REF
   Frank copula (多変量)T G05RJF
   Frank copula (2変量)T G05RFF
   Gaussian copulaT G05RDF
   Gumbel–Hougaard copulaT G05RKF
   Plackett copulaT G05RGF
 時系列の生成
  指数平滑化モデル  G05PMF
  ベクトル ARMAE G05PJF
  1変量 ARMA  G05PHF
  EGARCHE G05PGF
  GJR GARCHE G05PFF
  type I AGARCHE G05PDF
  type II GARCH E G05PEF
 準乱数
  一様分布から変量配列
   一様分布T G05YMF
   正規分布T G05YJF
   対数正規分布T G05YKF
  確率場
   1次元
    生成器E* G05ZPF
    生成器の初期化
     設定済みのバリオグラム* G05ZNF
     ユーザ定義のバリオグラム* G05ZMF
   2次元
    生成器E* G05ZSF
    生成器の初期化
     設定済みのバリオグラムE* G05ZRF
     ユーザ定義のバリオグラムE* G05ZQF
  生成器の初期化
   スクランブルSobol または Niederreiter  G05YNF
   Sobol, Niederreiter または Faure  G05YLF
 標本,行列,表の生成
  整数ベクトルの疑似乱数置換  G05NCF
  整数ベクトルの乱数サンプリング
   重みづけなし,置換なし  G05NDF
   異なる重みづけ,置換なし  G05NEF
  乱数表の生成  G05PZF
  ランダム相関行列の生成E G05PYF
  ランダム直交行列の生成  G05PXF
 ブラウン橋(Brownian bridge)
  巡回埋め込み生成
   非整数ブラウン運動の実現値の生成E* G05ZTF
  増分生成
   ウィナー過程のサンプルパスの増分の生成T* G05XDF
   生成器の初期化* G05XCF
  パス生成
   生成器の初期化* G05XAF
   任意の時間ステップについて制約のないまたは制約のあるウィナー過程のパスの生成T* G05XBF
   ブラウン橋(Brownian bridge)構築順の生成* G05XEF
 
G07 1変量推定
G07 チャプター・イントロダクション
 異常値の検出
  Peirce法
   提供された2つの分散  G07GBF
   生データまたは提供された単一分散  G07GAF
 パラメータ推定
  一般化パレート分布E G07BFF
 パラメータに対する信頼区間の計算
  ポアソン分布  G07ABF
  2項分布  G07AAF
 パラメータの最尤推定値の計算
  標準正規分布,グループ化データ及び/または打ち切りデータ  G07BBF
  Weibull 分布E G07BEF
 ロバスト推定
  位置と尺度パラメータに対するM推定値
   トリム平均とウィンザライズド平均と分散の推定値の計算E G07DDF
   標準重み関数E G07DBF
   ユーザ定義重み関数E G07DCF
  信頼区間
   1標本E G07EAF
   2標本E G07EBF
  中央値,中央値絶対偏差,ロバスト標準偏差E G07DAF
 2つの標本のt 検定統計量の計算  G07CAF
 
G08 ノンパラメトリック統計法
G08 チャプター・イントロダクション
 位置検定
  ウィルコクスンの1標本(一致したペア)符号付き順位検定E G08AGF
  サイズの異なる2つの標本に関するメジアン検定  G08ACF
  サイズの異なるk個の標本に関する分散のクラスカル・ウォリスの1元分析  G08AFF
  相互分類された二値データに関するコクランのQ検定  G08ALF
  対応のある2標本の符号検定  G08AAF
  マン・ホイットニーのU統計量に対する正確な確率の計算
   プールされた標本においてタイがあるE G08AKF
   プールされた標本においてタイが無い  G08AJF
  2つの独立標本に関するマン・ホイットニーのU検定E G08AHF
  k個の一致した標本に関する分散のフリードマン2元分析  G08AEF
 関連及び相関の検定
  ケンドールの一致係数  G08DAF
 順位を使った回帰
  打ち切り無しのデータE G08RAF
  右打ち切りデータE G08RBF
 適合度検定
  アンダーソン・ダーリン(Anderson–Darling)検定統計量A2  G08CHF
  コルモゴロフ・スミルノフ(Kolmogorov–Smirnov)1標本分布検定
   標準分布E G08CBF
   ユーザ提供分布E G08CCF
  コルモゴロフ・スミルノフ(Kolmogorov–Smirnov)2標本分布検定E G08CDF
  χ2 適合度検定  G08CGF
  A2 及び完全不特定正規分布の確率  G08CKF
  A2 及び不特定指数分布の確率  G08CLF
  A2及び一様分散データの確率  G08CJF
 分散検定
  サイズの異なる2つの標本に対するムード(Mood)検定とダビッド(David)検定  G08BAF
 無作為性検定
  ギャップ検定  G08EDF
  上昇の連(runs up)の検定または下降の連(runs down)の検定  G08EAF
  ペア(シリアル)検定  G08EBF
  3点j比較法  G08ECF
 
G10 平滑化
G10 チャプター・イントロダクション
 カーネル密度推定値
  ガウス型カーネル  G10BAF
 順序づけられた異なる観測値を求めるためのデータの並べ替え  G10ZAF
 平滑化データ列の計算
  メジアン平滑法を使用  G10CAF
 3次平滑スプライン曲線フィット
  与えられた平滑パラメータ  G10ABF
  平滑パラメータの推定  G10ACF
 
G11 分割表分析
G11 チャプター・イントロダクション
 層化データの条件付きロジスティックモデルE G11CAF
 分類因子からの多重クロス表
  与えられた百分位数/分位数を使用E G11BBF
  選択された統計量を使用  G11BAF
  G11BAF または G11BBFによって計算された周辺表E G11BCF
 2元分割表に対するχ2統計  G11AAF
 2値データに対する潜在変数モデルE G11SAF
 G11SAFに対する度数カウント  G11SBF
 
G12 生存解析
G12 チャプター・イントロダクション
 生存解析
  ランク統計量E G12ABF
 生存時間関数  G12AAF
 COX比例ハザード・モデル
  パラメータ推定とその他の統計E G12BAF
  リスク集合の作成  G12ZAF
 
G13 時系列解析
G13 チャプター・イントロダクション
 カルマン
  フィルター
   時間可変
    平方根共分散T G13EAF
   時間不変
    平方根共分散T G13EBF
 指数平滑法(単純、二重、線形ホルト、Holt-Winters 加法/乗法)  G13AMF
 不均一時系列
  移動平均T* G13MGF
  反復指数移動平均
   最終値のみ返すT* G13MEF
   中間結果も返すT* G13MFF
 ベクトルARMA(VARMA)
  階差  G13DLF
  診断チェックE G13DSF
  相互相関  G13DMF
  フィッティングE G13DDF
  部分自動回帰行列E G13DPF
  部分自動相関E G13DBF
  部分相関行列E G13DNF
  予測E G13DJF
  予測の更新  G13DKF
  ARIMA演算の解E G13DXF
 1変量スペクトル分析
  直接平滑化  G13CBF
  バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウ  G13CAF
 2変量スペクトル分析
  ゲイン,位相  G13CFF
  相互振幅スペクトル  G13CEF
  直接的平滑化  G13CDF
  ノイズスペクトラム  G13CGF
  バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウ  G13CCF
 ARIMAモデル(多変量,伝達関数モデル)
  完全に特定化したモデルからの予測E G13BJF
  状態集合からの予測  G13BHF
  状態集合の更新  G13BGF
  相互相関E G13BCF
  パラメータ推定E G13BDF
  フィッティング(最小二乗法,厳密な尤度,周辺尤度)E G13BEF
  フィルタリングE G13BBF
  プレ・ホワイトニングE G13BAF
 ARIMAモデル(単変量)
  階差  G13AAF
  完全に特定化したモデルからの予測E G13AJF
  診断チェックE G13ASF
  状態集合からの予測  G13AHF
  状態集合の更新  G13AGF
  推定(簡易版)E G13AFF
  推定(通常版)E G13AEF
  パラメータ推定E G13ADF
  平均/範囲  G13AUF
  ACF  G13ABF
  PACF  G13ACF
 GARCH
  EGARCH
   フィッティングE G13FGF
   予測  G13FHF
  GJR GARCH
   フィッティングE G13FEF
   予測  G13FFF
  type I AGARCH
   フィッティングE G13FAF
   予測  G13FBF
  type II AGARCH
   フィッティングE G13FCF
   予測  G13FDF
 
H Operations Research OR
H チャプター・イントロダクション
 機能選択
  最善のサブセット
   任意のサイズ
    Direct Communication* H05ABF
    Reverse Communication* H05AAF
 整数計画問題(スパース)
  分枝限定法を用いたLPまたはQP問題の解  H02CEF
 整数計画問題(密な)
  特定の名前を持つ解の出力  H02BVF
  分枝限定法を用いたLP問題の解  H02BBF
  分枝限定法を用いたQP問題の解  H02CBF
  H02BBFで得られた解について詳細な情報を提供  H02BZF
 データ・ファイルのH02BBFまたはE04MFF/E04MFAで必要なフォーマットへの変換  H02BUF
 有向ネットワークまたは無向ネットワークを通る最短経路問題  H03ADF
 輸送問題  H03ABF
 H02CBFに対するオプション・パラメータ値の外部ファイルからの読み込み  H02CCF
 H02CBFへのオプション・パラメータ値の提供  H02CDF
 H02CEFに対するオプション・パラメータ値の外部ファイルからの読み込み  H02CFF
 H02CEFへのオプション・パラメータ値の提供  H02CGF
  IP または LP 問題を定義するMPSX データ入力
  データの解釈,最適化と解の出力  H02BFF
 
M01 並べ替えと検索
M01 チャプター・イントロダクション
 階数
  行列のカラム
   実数  M01DJF
   整数  M01DKF
  行列の行
   実数  M01DEF
   整数  M01DFF
  任意のデータ  M01DZF
  ベクトル
   実数  M01DAF
   整数  M01DBF
   文字データ  M01DCF
 再配置(与えられた階数にしたがった)
  ベクトル
   実数  M01EAF
   整数  M01EBF
   複素数  M01EDF
   文字データ  M01ECF
 探索(正確な一致または最も近い低い方の値)
  2分探索
   ベクトル
    実数  M01NAF
    整数  M01NBF
    ヌル終端された文字列  M01NCF
 並べ替え(ソート順に再配置)
  クイックソート
   ベクトル
    実数T M01CAF
    整数T M01CBF
    文字データT M01CCF
 サービスルーチン
  置換の逆(順位をインデックスへ)  M01ZAF
  置換の妥当性のチェック  M01ZBF
  置換を巡回置換へ分解  M01ZCF
 
S 特殊関数の近似
S チャプター・イントロダクション
 一般化階乗関数  S14AAF
 エアリー関数
  Ai または Ai,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DGF
  Ai,実数の引数
   スカラー  S17AJF
   ベクトル化* S17AWF
  Ai,実数の引数
   スカラー  S17AGF
   ベクトル化* S17AUF
  Bi または Bi,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DHF
  Bi,実数の引数
   スカラー  S17AKF
   ベクトル化* S17AXF
  Bi,実数の引数
   スカラー  S17AHF
   ベクトル化* S17AVF
 オプションプライシング
  アジアオプション,幾何連続平均率プライス(オプション価格のみ)T S30SAF
  アジアオプション,幾何連続平均率プライス(ギリシャ指標付き)T S30SBF
  アメリカオプション,Bjerksund StenslandオプションプライスT S30QCF
  バイナリーオプション,アセット・オア・ナッシング(オプション価格のみ)T S30CCF
  バイナリーオプション,アセット・オア・ナッシング(ギリシャ指標付き)T S30CDF
  バイナリーオプション,キャッシュ・オア・ナッシング(オプション価格のみ)T S30CAF
  バイナリーオプション,キャッシュ・オア・ナッシング(ギリシャ指標付き)T S30CBF
  標準バリアオプションプライシングT S30FAF
  ブラック・ショールズ・マートンオプションプライシング(オプション価格のみ)T S30AAF
  ブラック・ショールズ・マートンオプションプライシング(ギリシャ指標付き)T S30ABF
  ヨーロピアンオプション,オプションプライシング(オプション価格のみ),マートンJump-diffusionモデルを使用T S30JAF
  ヨーロピアンオプション,オプションプライシング(ギリシャ指標付き),マートンJump-diffusionモデルを使用T S30JBF
  Floating-strikeルックバックオプションプライシング(オプション価格のみ)T S30BAF
  Floating-strikeルックバックオプションプライシング(ギリシャ指標付き)T S30BBF
  Hestonモデルオプションプライシング(オプション価格のみ)T S30NAF
  Hestonモデルオプションプライシング(ギリシャ指標付き)T S30NBF
 ガンマ関数  S14AAF
  不完全  S14BAF
 ガンマ関数の対数
  実数  S14ABF
  実数、スケーリング  S14AHF
  複素数  S14AGF
 ケルビン関数
  bei x
   スカラー  S19ABF
   ベクトル化* S19APF
  ber x
   スカラー  S19AAF
   ベクトル化* S19ANF
  kei x
   スカラー  S19ADF
   ベクトル化* S19ARF
  ker x
   スカラー  S19ACF
   ベクトル化* S19AQF
 誤差関数の補数
  実数の引数  S15ADF
  スケーリングされた実数の引数  S15AGF
  スケーリングされた複素数の引数  S15DDF
 指数関数
  複素数  S01EAF
 指数積分  S13AAF
 スケーリングされたディガンマ関数  S14ADF
 スケーリングされたトリガンマ関数  S14ADF
 スケーリングされた変形ベッセル関数
  e(x)I0(x), 実数の引数
   スカラー  S18CEF
   ベクトル化* S18CSF
  e(x)I1(x),実数の引数
   スカラー  S18CFF
   ベクトル化* S18CTF
  ex K0 (x),実数の引数
   スカラー  S18CCF
   ベクトル化* S18CQF
  ex K1 (x),実数の引数
   スカラー  S18CDF
   ベクトル化* S18CRF
 正弦積分  S13ADF
 正弦(sine)
  双曲線  S10ABF
 正接(tangent)
    S07AAF
  双曲線  S10AAF
 第1種ルジャンドル関数Pnm(x)Pnm(x)  S22AAF
 ダウソン積分  S15AFF
 楕円関数,ヤコビ,sn,cn,dn
  実数の引数  S21CAF
  複素数の引数  S21CBF
 楕円積分
  一般
   第2種F (zkab)  S21DAF
  対称化
   縮退した第1種 RC  S21BAF
   第1種RF  S21BBF
   第2種RD  S21BCF
   第3種RJ  S21BDF
  ルジャンドル形式
   第1種完全,K(m)  S21BHF
   第1種,F (ϕ | m)  S21BEF
   第2種完全,E (m)  S21BJF
   第2種,E (ϕm)  S21BFF
   第3種,Π (n ; ϕm)  S21BGF
 超幾何学関数
   1F1(a ; b ; x), 合流型,実数の引数* S22BAF
   1F1(a ; b ; x), 合流型,実数の引数,スケーリングされた形式* S22BBF
 ハンケル関数Hν(1) またはHν(2)
  複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DLF
 フレネル積分
  C
   スカラー  S20ADF
   ベクトル化* S20ARF
  S
   スカラー  S20ACF
   ベクトル化* S20AQF
 プサイ関数  S14ACF
 プサイ関数のスケーリングされた導関数  S14ADF
 ベッセル関数
  Iν,複素数の引数,オプションでスケーリング  S18DEF
  I0,実数の引数
   スカラー  S18AEF
   ベクトル化* S18ASF
  I1,実数の引数
   スカラー  S18AFF
   ベクトル化* S18ATF
  Jα ± n(z),複素数の引数  S18GKF
  Jν,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DEF
  J0,実数の引数
   スカラー  S17AEF
   ベクトル化* S17ASF
  J1,実数の引数
   スカラー  S17AFF
   ベクトル化* S17ATF
  Kν,複素数の引数,オプションでスケーリング  S18DCF
  K0,実数の引数
   スカラー  S18ACF
   ベクトル化* S18AQF
  Yν,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DCF
  Y0,実数の引数
   スカラー  S17ACF
   ベクトル化* S17AQF
  Y1,実数の引数
   スカラー  S17ADF
   ベクトル化* S17ARF
 ベッセル関数の根Jα(x)Jα(x)Yα(x)Yα(x)
  スカラー  S17ALF
 ベータ関数
  不完全* S14CCF
 ベータ関数の対数
  実数* S14CBF
 ポリガンマ関数
  ψ(n)(x), 実数x  S14AEF
  ψ(n)(z), 複素数z  S14AFF
 ヤコビシータ関数θk(xq)
  実数の引数  S21CCF
 余弦積分  S13ACF
 余弦(cosine)
  双曲線  S10ACF
 累積正規分布関数  S15ABF
 累積正規分布関数の補数  S15ACF
 1 + x の対数  S01BAF
 Arccos
  逆余弦  S09ABF
 Arccosh
  逆双曲線余弦  S11ACF
 Arcsin
  逆正弦  S09AAF
 Arcsinh
  逆双曲線正弦  S11ABF
 Arctanh
  逆双曲線正接  S11AAF
 Erf
  実数の引数  S15AEF
 Erfc
  実数の引数  S15ADF
  スケーリングされた複素数の引数  S15DDF
 erfcx
  実数の引数  S15AGF
 
X01 数学定数
X01 チャプター・イントロダクション
 オイラー定数γ  X01ABF
 π  X01AAF
 
X02 計算機定数
X02 チャプター・イントロダクション
 最大の表現可能整数  X02BBF
 正弦,余弦関数の引数の最大許容値  X02AHF
 表示できる10進数の最大値  X02BEF
 浮動小数点モデルの派生パラメータ
  安全範囲(safe range)  X02AMF
  最小の正のモデル数  X02AKF
  最大の正のモデル数  X02ALF
  複素浮動小数点に対する安全範囲  X02ANF
  マシン精度  X02AJF
 浮動小数点モデルのパラメータ
  b  X02BHF
  emax  X02BLF
  emin  X02BKF
  p  X02BJF
 
X03 内積
X03 チャプター・イントロダクション
 実数の内積の計算  X03AAF
 複素数の内積の計算  X03ABF
 
X04 入出力ルーチン
X04 チャプター・イントロダクション
 外部の書式化されたファイルのアクセス
  レコードを書く  X04BAF
  レコードを読む  X04BBF
 外部ファイルとの接続  X04ACF
 外部ファイルとの接続を切る  X04ADF
 行列の出力
  簡易版
   一般実行列  X04CAF
   一般整数行列  X04EAF
   一般複素行列  X04DAF
   実帯圧縮行列  X04CEF
   実三角圧縮行列  X04CCF
   複素帯圧縮行列  X04DEF
   複素三角圧縮行列  X04DCF
  通常版
   一般実行列  X04CBF
   一般整数行列  X04EBF
   一般複素行列  X04DBF
   実帯圧縮行列  X04CFF
   実三角圧縮行列  X04CDF
   複素帯圧縮行列  X04DFF
   複素三角圧縮行列  X04DDF
 ユニット番号のアクセス
  アドバイス・メッセージ  X04ABF
  エラー・メッセージ  X04AAF
 
X05 日付と時刻のルーチン
X05 チャプター・イントロダクション
 整数配列で日付と時刻を返す  X05AAF
 日付と時刻を表す整数配列整を文字列に変換  X05ABF
 日付と時刻を表す2つの文字列の比較  X05ACF
 プロセッサの使用時間を返す  X05BAF
 
X07 IEEE 演算機能
X07 チャプター・イントロダクション
 浮動小数点数が有限値かどうか判定する* X07AAF
 浮動小数点数がNaN(非数)かどうか判定する* X07ABF
 浮動小数点の無限大を生成する* X07BAF
 浮動小数点のNaN(非数)を生成する* X07BBF
 浮動小数点例外の動きを取得する* X07CAF
 浮動小数点例外の動きを設定する* X07CBF


Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks