関連情報

2標本コルモゴロフ・スミルノフ検定

Fortranによるサンプルソースコード
使用ルーチン名:G08CDF

Keyword: コルモゴロフ・スミルノフ, Kolmogorov-Smirnov Test, 検定, 2標本

概要

本サンプルは2標本コルモゴロフ・スミルノフ検定(the two sample Kolmogorov-Smirnov Test) を行うFortranによるサンプルプログラムです。 本サンプルはプログラムの中で生成される独立した2つの標本を分析対象とし、検定統計量DとZ統計量、裾確率を算出します。

※本サンプルはNAG Fortranライブラリに含まれるルーチン G08CDF() のExampleコードです。本サンプル及びルーチンの詳細情報は g08cdf のマニュアルページをご参照ください。
ご相談やお問い合わせはこちらまで

入力データ

(本ルーチンの詳細はg08cdf のマニュアルページを参照)

このデータをダウンロード
G08CDF Example Program Data
 100 50 1   :: NX,NY,NTYPE
1.160 1.785 0.322 1.437 1.695 1.770 1.209 0.479 1.122 0.974 
0.290 1.155 0.218 1.595 1.053 1.058 1.282 1.278 1.066 0.725 
0.113 1.516 1.329 1.907 0.101 0.387 1.392 0.613 0.692 1.397 
1.627 0.417 1.079 0.607 0.899 0.493 0.381 1.660 0.233 0.718 
1.376 1.395 1.557 1.610 1.632 0.851 1.824 0.921 0.139 0.618 
0.050 0.956 0.669 1.109 1.882 1.462 1.465 0.201 1.036 1.127 
0.907 0.876 1.199 1.667 1.141 0.820 0.488 0.732 0.725 0.753 
0.760 1.833 0.074 1.101 0.620 1.858 0.681 0.705 0.876 1.096 
1.870 1.597 0.990 0.430 0.410 0.399 1.693 0.492 1.318 0.883 
1.291 1.051 1.934 1.314 1.496 0.391 1.079 0.881 0.983 1.306 :: End of X
1.695 1.452 0.997 1.771 1.114 1.624 2.005 0.782 1.870 0.954 
1.606 2.059 0.774 0.741 1.040 0.521 2.163 0.818 1.781 1.420 
0.558 1.437 2.004 1.325 0.398 0.582 2.047 0.332 1.186 0.890 
1.825 1.324 1.334 0.261 0.299 1.733 1.172 1.000 1.663 1.093 
1.045 2.022 1.174 0.670 1.143 1.189 0.494 1.275 1.122 1.823 :: End of Y

  • 1行目はタイトル行で読み飛ばされます。
  • 2行目に一つ目の標本のサイズ(nx=100)、二つ目の標本のサイズ(ny=50)、計算する統計量の種類(ntype=1)を指定しています。統計量の種類"1"は二つの標本の累積分布関数の最大絶対偏差を計算することを意味しています。
  • 3〜12行目に一つ目の標本の観測値(x)を指定しています。
  • 13〜17行目に二つ目の標本の観測値(y)を指定しています。

出力結果

(本ルーチンの詳細はg08cdf のマニュアルページを参照)

この出力例をダウンロード
 G08CDF Example Program Results

 Test statistic D =   0.1800
 Z statistic      =   0.0312
 Tail probability =   0.2222

  • 3行目には検定統計量Dが出力されています。
  • 4行目にはZ統計量が出力されています。
  • 5行目には裾確率が出力されています。

ソースコード

(本ルーチンの詳細はg08cdf のマニュアルページを参照)

※本サンプルソースコードは科学技術・統計計算ライブラリである「NAG Fortranライブラリ」のルーチンを呼び出します。
サンプルのコンパイル及び実行方法


このソースコードをダウンロード
    PROGRAM g08cdfe

!      G08CDF Example Program Text

!      Mark 23 Release. NAG Copyright 2011.

!      .. Use Statements ..
       USE nag_library, ONLY : g08cdf, nag_wp
!      .. Implicit None Statement ..
       IMPLICIT NONE
!      .. Parameters ..
       INTEGER, PARAMETER              :: nin = 5, nout = 6
!      .. Local Scalars ..
       REAL (KIND=nag_wp)              :: d, p, z
       INTEGER                         :: ifail, n1, n2, ntype
!      .. Local Arrays ..
       REAL (KIND=nag_wp), ALLOCATABLE :: sx(:), sy(:), x(:), y(:)
!      .. Executable Statements ..
       WRITE (nout,*) 'G08CDF Example Program Results'
       WRITE (nout,*)

!      Skip heading in data file
       READ (nin,*)

!      Read in the problem size and statistic type
       READ (nin,*) n1, n2, ntype

       ALLOCATE (x(n1),y(n2),sx(n1),sy(n2))

!      Read in data
       READ (nin,*) x(1:n1)
       READ (nin,*) y(1:n2)

!      Perform test
       ifail = 0
       CALL g08cdf(n1,x,n2,y,ntype,d,z,p,sx,sy,ifail)

!      Display results
       WRITE (nout,99999) 'Test statistic D = ', d
       WRITE (nout,99999) 'Z statistic      = ', z
       WRITE (nout,99999) 'Tail probability = ', p

99999  FORMAT (1X,A,F8.4)
    END PROGRAM g08cdfe


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks