関連情報
ホーム > 製品 > NAG 数値計算ライブラリ > NAG Library for .NET > Release 2 メソッドリスト(ABC 順)

NAG Library for .NET, Release 2

メソッドリスト(ABC 順)



Chapter A00ライブラリの識別 Chapter C05超越方程式の根
Chapter C06級数の和 Chapter C09ウェーブレット変換
Chapter D01数値積分 Chapter E01補間
Chapter E02曲線と曲面のあてはめ Chapter E04関数の最小化と最大化(局所的最適化)
Chapter E05大域的最適化 Chapter F01行列の演算(逆行列を含む)
Chapter F06線形代数サポートルーチン Chapter F07線形方程式(LAPACK)
Chapter F08最小二乗と固有値問題(LAPACK) Chapter G01統計データと単純計算
Chapter G02相関と回帰分析 Chapter G03多変量解析
Chapter G05乱数生成 Chapter G07単変量推定
Chapter G13時系列解析 Chapter Hオペレーションズ・リサーチ
Chapter S特殊関数 Chapter X01数学定数
Chapter X02マシン定数 Chapter X04入出力ユーティリティ

関数の右肩に * が付いているメソッドは、Release 2 で追加されたメソッドです。


A00 ライブラリの識別
A00 チャプター・イントロダクション
A00AANAGライブラリコードの詳細出力
A00ACライセンスキーのチェック
C05 超越方程式の根
C05 チャプター・イントロダクション
C05AU*与えられた初期値からの連続関数の根,ブレントアルゴリズム,区間を求めるための二分探索
C05AV連続関数の根を含む区間の2分探索(reverse communication)
C05AW*与えられた初期値からの接続法による連続関数の根
C05AX与えられた初期値からの接続法による連続関数の根(reverse communication)
C05AY*連続関数の与えられた区間での根,ブレントアルゴリズム
C05AZブレントアルゴリズムによる連続関数の与えられた区間での根(reverse communication)
C05QB*関数値のみを用いた非線形連立方程式の解(簡便な)
C05QC*関数値のみを用いた非線形連立方程式の解(広域的な)
C05QD*関数値のみを用いた非線形連立方程式の解(reverse communication)
C05RB*1階導関数を用いた非線形連立方程式の解(簡便な)
C05RC*1階導関数を用いた非線形連立方程式の解(広域的な)
C05RD*1階導関数を用いた非線形連立方程式の解(reverse communication)
C05ZD*非線形多変数関数の1階導関数を計算するためのユーザルーチンのチェック
C06 級数の和
C06 チャプター・イントロダクション
C06EA単一1次元実離散フーリエ変換,追加の領域は不要
C06EB単一1次元エルミート離散フーリエ変換,追加の領域は不要
C06FP多重1次元実離散フーリエ変換
C06FQ多重1次元エルミート離散フーリエ変換
C06GBエルミート列の複素共役
C06GQ多重エルミート列の複素共役
C06GSエルミート列を一般複素列に変換
C09 ウェーブレット変換
C09 チャプター・イントロダクション
C09CA1次元離散ウェーブレット変換
C09CB1次元離散逆ウェーブレット変換
C09CC1次元マルチレベル離散ウェーブレット変換
C09CD1次元マルチレベル離散逆ウェーブレット変換
D01 数値積分
D01 チャプター・イントロダクション
D01AH1次元求積法,適応型,有限区間,Pattersonによる手法,性質の良い被積分関数に適合
D01AJ1次元求積法,適応型,有限区間,Piessensとde Donckerによる手法,性質の悪い被積分関数を許容
D01AK1次元求積法,適応型,有限区間,振動関数に適した手法
D01AL1次元求積法,適応型,有限区間,ユーザ設定のブレイク・ポイントでの特異性を許容
D01AM1次元求積法,適応型,無限または半無限区間
D01AN1次元求積法,適応型,有限区間,重み関数cos(ωx)やsin(ωx)
D01AP1次元求積法,適応型,有限区間,代数的対数型の端点特異性をもつ重み関数
D01AQ1次元求積法,適応型,有限区間,重み関数 1 / (x - c),コーシーの主値(ヒルベルト変換)
D01AR1次元求積法,非適応型,不定積分を準備として行った有限区間
D01AS1次元求積法,適応型,半無限区間,重み関数cos(ωx)やsin(ωx)
D01BCガウス求積法の重みと横座標の計算,規則の一般的選択
D01BD1次元求積法,非適応型,有限区間
D01DA2次元求積法,有限区間
D01FC超矩形上の多次元適応型求積法
D01GD多次元求積法,一般的積領域,数論的方法,ベクトル計算機上で効率的なd01gc の変形
D01GYd01gcやd01gdで使われるKorobov 最適係数,分点の数が素数の場合
D01GZd01gcやd01gdで使われるKorobov最適係数,分点の数が2つの素数の積の場合
D01JAn球上の多次元求積法,性質の悪い被積分関数を許容
D01PAn次元単体上の多次元求積法
E01 補間
E01 チャプター・イントロダクション
E01BA補間関数,3次スプライン補間,1変数
E01BE補間関数,単調性保存,区分的3次エルミート,1変数
E01BF補間値,e01beで計算された補間,関数のみ,1変数
E01DA補間関数,双3次スプライン曲線にフィット,矩形格子のデータ
E02 曲線と曲面のあてはめ
E02 チャプター・イントロダクション
E02BBフィットした3次スプライン曲線の評価,関数のみ
E02DEベクトル点における双3次スプライン曲線フィットの評価
E02DFメッシュ点における双3次スプライン曲線フィットの評価
E04 関数の最小化と最大化(局所的最適化)
E04 チャプター・イントロダクション
E04AB最小値,関数値のみを用いた1変数関数
E04BB最小値,1階の導関数を用いた1変数関数
E04CBシンプレックス・アルゴリズムを用いた制約なし最小化,関数値のみを用いた多変数の関数
E04DG制約なし最小値,前処理付共役勾配アルゴリズム,1階の導関数を用いた多変数の関数(広域的な)
E04FC制約なし2乗和の最小値,関数値のみを用いた,ガウス-ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(広域的な)
E04FY制約なし2乗和の最小値,関数値のみを用いた,ガウス-ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(簡便な)
E04GD制約なし2乗和の最小値,1階導関数を用いた,ガウス・ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(広域的な)
E04GY制約なし2乗和の最小値,1階導関数を用いた,ガウス・ニュートンと準ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(簡便な)
E04GZ制約なし2乗和の最小値,1階導関数を用いた,ガウス・ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(簡便な)
E04HC関数の1階導関数の計算に対するユーザ・プログラムのチェック
E04HD関数の2階導関数の計算に対するユーザ・プログラムのチェック
E04HE制約なし2乗和の最小値,2階導関数を用いた,ガウス・ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(広域的な)
E04HY制約なし2乗和の最小値,2階導関数を用いた,ガウス・ニュートンと修正ニュートン法を組み合わせたアルゴリズム(簡便な)
E04JC*2次近似による最小値,多変数の関数,単純境界,関数値のみを使用
E04JY最小値,多変数の関数,準ニュートンアルゴリズム,単純境界,関数値のみを使用(簡便な)
E04KD最小値,多変数の関数,修正ニュートン・アルゴリズム,単純境界,1階導関数を使用(広域的な)
E04KY最小値,多変数の関数,準ニュートン・アルゴリズム,単純境界,1階導関数を使用(簡便な)
E04KZ最小値,多変数の関数,修正ニュートン・アルゴリズム,単純境界,1階導関数を使用(簡便な)
E04LB最小値,多変数の関数,修正ニュートン・アルゴリズム,単純境界,1階及び2階導関数を使用(広域的な)
E04LY最小値,多変数の関数,修正ニュートン・アルゴリズム,単純境界,1階及び2階導関数を使用(簡便な)
E04MF線形計画問題(密な)
E04NC凸2次計画問題や線形制約した線形最小二乗問題(密な)
E04NF*2次計画問題(密な)
E04NK線形計画や2次計画問題(スパース)
E04NQ線形計画もしくは二次計画(スパース問題に対応)
E04PC*変数の一定の上限下限の制約のもとで線形方程式の最小2乗解を計算。解が複数の場合に最短の解を返すようオプションを提供
E04UC最小値,多変数関数,逐次2次計画法,非線形制約,関数値とオプションで1階導関数を使用(広域的な)
E04UF最小値,多変数関数,逐次2次計画法,非線形制約,関数値とオプションで1階導関数を使用(reverse communication,広域的な)
E04UG非線形計画問題(スパース)
E04US2乗和の最小値,非線形制約,逐次2次計画法,関数値とオプションで1階導関数を使用(広域的な)
E04VH一般スパース非線形オプティマイザー(最適化ツール)
E04VJe04vhのヤコビ行列の非ゼロパターンを決定する
E04WD非線形計画問題(NLP)の解
E04XA(数値差分を用いた)関数の勾配やヘシアン(Hessian)の推定
E04YA1階導関数のヤコビアン(Jacobian)の計算のユーザ・プログラムのチェック
E04YB2乗和のヘシアン(Hessian)の計算のユーザ・プログラムのチェック
E05 大域的最適化
E05 チャプター・イントロダクション
E05JB関数値のみを用いた,多層座標検索による大域的最適化,簡易境界
E05UC*マルチスタートを用いた大域的最適化, 非線形制約
E05US*マルチスタートを用いた2乗和問題の大域的最適化, 非線形制約
F01 行列の演算(逆行列を含む)
F01 チャプター・イントロダクション
F01ED*実対称行列指数
F01EF*実対称行列の関数
F01FC*複素行列指数
F01FD*複素エルミート行列指数
F01FF*複素エルミート行列の関数
F01VA*完全フォーマットスキームから圧縮フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VB*完全フォーマットスキームから圧縮フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F01VC*圧縮フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VD*圧縮フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F01VE*完全フォーマットスキームからRectangular Full Packed フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VF*完全フォーマットスキームからRectangular Full Packed フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F01VG*Rectangular Full Packed フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VH*Rectangular Full Packed フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F01VJ*圧縮フォーマットスキームからRectangular Full Packed フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VK*圧縮フォーマットスキームからRectangular Full Packed フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F01VL*Rectangular Full Packed フォーマットスキームから圧縮フォーマットスキームへの実三角行列の複製
F01VM*Rectangular Full Packed フォーマットスキームから圧縮フォーマットスキームへの複素三角行列の複製
F06 線形代数サポートルーチン
F06 チャプター・イントロダクション
F06BN実数aとbの ( a2 + b2)の平方根を計算
F06DBスカラーを整数ベクトルへ拡張
F06EA(DDOT) 2つの実ベクトルの内積
F06EF(DCOPY) 実ベクトルの複製
F06EJ(DNRM2) 実ベクトルのユークリッド・ノルムの計算
F06FD実ベクトルのスカラー倍,入力ベクトルを保護
F06JJ(DZNRM3) 複素ベクトルのユークリッド・ノルムの計算
F06PA(DGEMV) 行列ベクトル積,実矩形行列
F06PJ(DTRSV) 連立方程式, 実三角行列
F06QF*行列の複製,実長方または台形行列
F06QH行列の初期化,実矩形行列
F06YA(DGEMM) 行列積, 2つの実矩形行列
F06YJ(DTRSM) 多重右辺をもつ連立方程式の解,実三角係数行列
F07 線形方程式(LAPACK)
F07 チャプター・イントロダクション
F07AB(DGESVX) LU分解を用いた実連立一次方程式の解,誤差限界と条件数の推定
F07AP(ZGESVX) LU分解を用いた複素連立一次方程式の解,誤差限界と条件数の推定
F07AR(ZGETRF) m x n 複素行列のLU分解
F07AS(ZGETRS) 複素連立一次方程式の解,多重右辺, f07arにより既に分解された行列
F07FB(DPOSVX) コレスキー分解を用いた実対称正定値連立一次方程式の解,誤差限界と条件数の推定
F07FP(ZPOSVX) コレスキー分解を用いた複素エルミート正定値連立一次方程式の解,誤差限界と条件数の推定
F07HD(DPBTRF) 実対称正定値帯行列のコレスキー分解
F07HE(DPBTRS) 実対称正定値帯連立一次方程式の解,多重右辺, f07hd (DPBTRF)により既に分解された行列
F01TE*(DTRTRS) 実三角行列連立一次方程式の解,多重右辺
F07TH*(DTRRFS) 実三角連立一次方程式の解の誤差限界,多重右辺
F07TJ(DTRTRI) 実三角行列の逆行列
F08 最小二乗と固有値問題(LAPACK)
F08 チャプター・イントロダクション
F08AA(DGELS) 優決定あるいは劣決定の実線形連立方程式の解
F08AG(DORMQR) f08ae (DGEQRF) ,f08be (DGEQPF)または f08bf (DGEQP3) により決まる直交変換の適用
F08AN(ZGELS) 優決定あるいは劣決定の複素線形連立方程式の解
F08BE(DGEQPF) 列によるピボット選択付きの実一般矩形行列のQR 分解
F08BF(DGEQP3) BLAS-3を用いた,列によるピボット選択付きの実一般矩形行列のQR分解
F08FA(DSYEV) 実対称行列の全ての固有値とオプションで固有ベクトルを計算
F08FB(DSYEVX) 実対称行列の選択された固有値とオプションで固有ベクトルを計算
F08FL(DDISNA) 実対称または複素エルミート行列の固有ベクトルまたは一般行列の左右特異ベクトルの逆条件数の計算
F08FP(ZHEEVX) 複素エルミート行列の選択された固有値とオプションで固有ベクトルを計算
F08KB(DGESVD) 実行列の特異値分解,オプションで左及び/または右特異ベクトルを計算
F08KP(ZGESVD) 複素行列の特異値分解,オプションで左及び/または右特異ベクトルを計算
F08NB(DGEEVX) 実非対称行列の全ての固有値とオプションで左及び/または右固有ベクトルを計算,またオプションでバランス変換と固有値と右辺固有ベクトルに関する条件数の逆数を計算
F08NP(ZGEEVX) 複素非対称行列の全ての固有値とオプションで左及び/または右固有ベクトルを計算,またオプションでバランス変換と固有値と右辺固有ベクトルに関する条件数の逆数を計算
F08WB(DGGEVX) 実非対称行列ペアの一般化固有値とオプションで一般化左及び/または右固有ベクトルを計算,またオプションでバランス変換と固有値と右辺固有ベクトルに関する条件数の逆数を計算
F08WP(ZGGEVX) 複素非対称行列ペアの一般化固有値とオプションで一般化左及び/または右固有ベクトルを計算,またオプションでバランス変換と固有値と右辺固有ベクトルに関する条件数の逆数を計算
G01 統計データの単純計算
G01 チャプター・イントロダクション
G01AA平均,分散,歪度,尖度など,1変数,生データから
G01AD平均,分散,歪度,尖度など,1変数,周波数表から
G01AE生データから度数表
G01AF2次元分割表分析,カイ二乗/フィッシャー直接法
G01AL五数要約(中央値,ヒンジ,極値)の計算
G01AM並べ替えられていないベクトルの分位数,実数
G01BJ2項分布関数
G01BKポアソン分布関数
G01BL超幾何分布関数
G01DA正規スコア,正確な値
G01DB正規スコア,近似値
G01DC正規スコア,近似分散・共分散行列
G01DD正規性に対するシャピロ・ウィルク(Shapiro-Wilk)のW検定
G01DH順位,正規スコア,近似正規スコアまたは指数(Savage)スコア
G01EA標準正規分布に対する確率の計算
G01EBスチューデント t 分布に対する確率の計算
G01ECカイ二乗分布に対する確率の計算
G01EDF分布に対する確率の計算
G01EEベータ分布に対する上側確率及び下側確率と確率密度関数の計算
G01EFガンマ分布に対する確率の計算
G01EMスチューデント化された範囲の統計量に対する確率の計算
G01EPダービン・ワトソン統計量の臨界値の計算
G01ERフォン・ミーゼズ(von Mises)分布に対する確率の計算
G01ETランダウの分布関数Φ (λ)
G01EUバビロフ(Vavilov)分布関数ΦV(λ;κ,β2)
G01EY1標本コルモゴロフ・スミルノフ(Kolmogorov-Smirnov)分布に対する確率の計算
G01EZ2標本コルモゴロフ・スミルノフ(Kolmogorov-Smirnov)分布に対する確率の計算
G01FA標準正規分布に対する偏差の計算
G01FBスチューデント t 分布に対する偏差の計算
G01FCカイ二乗分布に対する偏差の計算
G01FDF分布に対する偏差の計算
G01FEベータ分布に対する偏差の計算
G01FFガンマ分布に対する偏差の計算
G01FMスチューデント化された範囲の統計量に対する偏差の計算
G01FTランダウの逆関数 Ψ(x)
G01GB非心スチューデント t 分布に対する確率の計算
G01GC非心カイ二乗分布に対する確率の計算
G01GD非心F分布に対する確率の計算
G01GE非心ベータ分布に対する確率の計算
G01HA2変量正規分布に対する確率の計算
G01HB多変量正規分布に対する確率の計算
G01JCカイ二乗変数の正の線形結合に対する確率の計算
G01JD(中心)カイ二乗変数の線形結合に対する下側確率の計算
G01MBミル(Mill)比の逆数の計算
G01MTランダウの密度関数 φ (λ)
G01MUバビロフ(Vavilov)の密度関数 φV (λ;κ,β2)
G01NA正規変数における2次形式の累積とモーメント
G01NB正規変数における2次形式の比のモーメントと関係する統計量
G01PTランダウの第一モーメント関数 Φ1(x)
G01QTランダウの第二モーメント関数 Φ2(x)
G01RTランダウの導関数 φ′(λ)
G01ZUg01muとg01euの初期化ルーチン
G02 相関と回帰分析
G02 チャプター・イントロダクション
G02AAQi及びSunの手法を用いて最近傍相関行列を実正方行列へ計算
G02AB*最近傍相関行列を実正方行列へ計算,重みと限界値を組み込むようg02aaを拡張
G02AE*k因子構造をもつ最近傍相関行列を実正方行列へ計算
G02BAピアソンの積率相関係数,全ての変数,欠測値無し
G02BBピアソンの積率相関係数,全ての変数,欠測値のケースごとの処理
G02BCピアソンの積率相関係数,全ての変数,欠測値のペアごとの処理
G02BD相関のありそうな係数(ゼロ付近),全ての変数,欠測値無し
G02BE相関のありそうな係数(ゼロ付近),全ての変数,欠測値のケースごとの処理
G02BF相関のありそうな係数(ゼロ付近),全ての変数,欠測値のペアごとの処理
G02BGピアソンの積率相関係数,変数のサブ集合,欠測値無し
G02BHピアソンの積率相関係数,変数のサブ集合,欠測値のケースごとの処理
G02BJピアソンの積率相関係数,変数のサブ集合,欠測値のペアごとの処理
G02BK相関のありそうな係数(ゼロ付近),変数のサブ集合,欠測値無し
G02BL相関のありそうな係数(ゼロ付近),変数のサブ集合,欠測値のケースごとの処理
G02BM相関のありそうな係数(ゼロ付近),変数のサブ集合,欠測値のペアごとの処理
G02BNケンドール/スピアマンのノンパラメトリック順位相関係数,欠測値なし,入力データの書き換え
G02BPケンドール/スピアマンのノンパラメトリック順位相関係数,欠測値のケースごとの処理,入力データの書き換え
G02BQケンドール/スピアマンのノンパラメトリック順位相関係数,欠測値なし,入力データの保持
G02BRケンドール/スピアマンのノンパラメトリック順位相関係数,欠測値のケースごとの処理,入力データの保持
G02BSケンドール/スピアマンのノンパラメトリック順位相関係数,欠測値のペアごとの処理
G02BT新しい観測値での重み付き二乗和行列の更新
G02BU重み付き二乗和行列の計算
G02BW二乗和行列から相関行列の計算
G02BX(オプションで重み付き)相関行列と共分散行列の計算
G02BYg02bxにより計算された相関/分散・共分散行列から偏相関/分散・共分散行列の計算
G02CA定数項をもつ単線形回帰,欠測値無し
G02CB定数項をもたない単線形回帰,欠測値無し
G02CC定数項をもつ単線形回帰,欠測値あり
G02CD定数項をもたない単線形回帰,欠測値あり
G02CE多重線形回帰に対する支援ルーチン,ベクトルと行列からの要素の選択
G02CF多重線形回帰に対する支援ルーチン,ベクトルと行列からの要素の並べ替え
G02CG定数項を持つ,相関係数からの多重線形回帰
G02CH定数項を持たない,相関類似係数からの多重線形回帰
G02DA一般(多重)線形回帰モデルのフィット
G02DC観測量を一般線形回帰モデルに(から)加える(消去する)
G02DD線形パラメータの推定値と更新されたモデルからの一般線形回帰モデル
G02DE新しい独立変数を一般線形回帰モデルに加える
G02DF独立変数を一般線形回帰モデルから消去
G02DG新しい従属変数に対して一般線形回帰モデルをフィット
G02DK与えられた制約に対する一般線形回帰モデルのパラメータの推定値と標準誤差
G02DN一般線形回帰モデルの推定可能関数とその標準誤差の計算
G02EFステップワイズ線形回帰
G02FA標準化された残差と影響の計算
G02FCダービン・ワトソン検定の統計量の計算
G02GA正規誤差をもつ一般化線形モデル・フィット(exponent link、identity link、log link、square root link、reciprocal link)
G02GB2項誤差をもつ一般化線形モデル・フィット(logistic link、probit link、complementary log-log link)
G02GCポアソン誤差をもつ一般化線形モデル・フィット(exponent link、identity link、log link、square root link、reciprocal link)
G02GDガンマ誤差をもつ一般化線形モデル・フィット(power link、identity link、log link、square root link、reciprocal link)
G02GK与えられた制約に対する一般線形モデルのパラメータの推定値と標準誤差
G02GN一般化線形モデルの推定可能関数とその標準誤差の計算
G02GP予測値とその標準誤差(既にフィッティングされた一般化線形モデルを用いて)
G02HAロバスト回帰,標準M推定値
G02HBロバスト回帰,g02hdと共に使用するための重みの計算
G02HDロバスト回帰,ユーザ提供の関数と重みをもつ回帰の計算
G02HFロバスト回帰,g02hd呼び出し後の分散・共分散行列
G02HK相関行列のロバスト推定の計算,ヒューバの重み関数
G02HL相関行列のロバスト推定の計算,ユーザ提供の重み関数と導関数
G02HM相関行列のロバスト推定の計算,ユーザ提供の重み関数
G02JA制限付き最尤法(REML)を使用した線形混合効果回帰
G02JB最尤法(ML)を使用した線形混合効果回帰
G02KARidge回帰,Ridge回帰パラメータの最適化
G02KB与えられたRidge回帰パラメータを用いた,Ridge回帰
G02LA特異値分解を用いた部分最小二乗(PLS)回帰
G02LBWoldの反復法を用いた部分最小二乗(PLS)回帰
G02LCPLSパラメータ推定(g02laもしくはg02lbによる部分最小二乗回帰後に)
G02LDg02lcのパラメータ推定に基づくPLS予測
G02QF*分位点線形回帰,単一インターフェース,独立同一分布(IID)誤差
G02QG*分位点線形回帰,広域的インターフェース
G03 多変量解析
G03 チャプター・イントロダクション
G03AA主成分分析
G05 乱数生成
G05 チャプター・イントロダクション
G05KHleap-frogにより複数のストリームを生成する疑似乱数生成器を準備
G05KJskip-aheadにより複数のストリームを生成する疑似乱数生成器を準備
G05KK*skip-aheadにより複数のストリームを生成する疑似乱数生成器を準備,2の累乗でスキップ
G05NC整数ベクトルの疑似乱数置換
G05ND整数ベクトルの疑似乱数サンプリング
G05PD非対称で(εt-1+γ)2の形式を持つGARCHプロセスの時系列の実現値を生成する
G05PE非対称で(|εt-1|+γεt-1)2の形式を持つGARCHプロセスの時系列の実現値を生成する
G05PF非対称GJR GARCHプロセスの時系列の実現値を生成する
G05PGEGARCHプロセスの時系列の実現値を生成する
G05PHARMAモデルの時系列の実現値を生成する
G05PJVARMAモデルの多変量時系列の実現値を生成する
G05PM指数平滑化モデルの時系列の実現値を生成する
G05PXランダム直交行列を生成する
G05PYランダム相関行列を生成する
G05PZランダム2元配置表の生成
G05RCスチューデントt-Copulaから疑似乱数行列を生成
G05RDGaussian Copulaから疑似乱数行列を生成
G05RYスチューデントt-分布から疑似乱数行列を生成
G05RZ多変量正規分布から疑似乱数行列を生成
G05SA(0,1]の一様分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SBベータ分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SCCauchy分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SDχ2分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SEDirichlet分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SF指数分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SG指数混合分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SHF分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SJガンマ分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SK正規分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SLロジスティック分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SM対数正規分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SNスチューデントt-分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SP三角分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SQ[a,b]の一様分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SRvon Mises分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05SSWeibull分布から疑似乱数ベクトルを生成
G05TA二項分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TB論理疑似乱数ベクトルを生成
G05TC幾何分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TD一般離散分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TE超幾何分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TF対数分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TG多項分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TH負の二項分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TJポワソン分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TK変動平均のポワソン分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05TL一様分布から整数疑似乱数ベクトルを生成
G05YL準乱数生成器の初期化
G05YM一様準乱数列の生成
G05YNスクランブル準乱数生成器の初期化
G07 単変量推定
G07 チャプター・イントロダクション
G07GA*Peirce法を用いた異常値の検出,生データまたは提供された単一分散
G07GB*Peirce法を用いた異常値の検出,提供された2つの分散
G13 時系列解析
G13 チャプター・イントロダクション
G13AA一変量時系列,季節及び非季節階差
G13AB一変量時系列,標本自己相関関数
G13AC一変量時系列,自己相関から偏自己相関
G13AD一変量時系列,暫定推定,季節自己回帰和分移動平均(ARIMA)モデル
G13AF一変量時系列,推定,季節自己回帰和分移動平均(ARIMA)モデル(簡便な)
G13AG一変量時系列,予測に対する状態集合の更新
G13AH一変量時系列,状態集合から予測
G13AJ一変量時系列,状態集合と予測,完全に特定化した季節自己回帰和分移動平均(ARIMA)モデル
G13AM一変量時系列,指数平滑法
G13AS一変量時系列,残差の診断,g13ae または g13afの後に実行
G13AU範囲または標準偏差平均プロットに対して必要となる量の計算
G13BA多変量時系列,自己回帰和分移動平均(ARIMA)モデルによるフィルタ(プレ・ホワイトニング)
G13BB多変量時系列,伝達関数モデルによるフィルタリング
G13BC多変量時系列,相互相関
G13BD多変量時系列,伝達関数モデルの暫定推定
G13BE多変量時系列,多入力モデルの推定
G13BG多変量時系列,多入力モデルから予測に対する状態集合の更新
G13BJ多変量時系列,完全に特定化した多入力モデルからの状態集合と予測
G13CA一変量時系列,方形,バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウを用いた平滑化標本スペクトル
G13CB一変量時系列,台形周波数(ダニエル)ウィンドウにより平滑化したスペクトルを用いた平滑化標本スペクトル
G13CC多変量時系列,矩形, バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウを用いた平滑化標本相互スペクトル
G13CD多変量時系列,台形周波数(ダニエル)ウィンドウにより平滑化したスペクトルを用いた平滑化標本相互スペクトル
G13CE多変量時系列,相互振幅スペクトル,二乗コヒーレンシー,境界,1変量と2変量(相互)スペクトル
G13CF多変量時系列,ゲイン,位相,境界,1変量と2変量(相互)スペクトル
G13CG多変量時系列,雑音スペクトル,境界,インパルス応答関数とその標準誤差
G13DD多変量時系列,ML法によるベクトル自己回帰移動平均(VARMA)モデルの推定
G13DJ多変量時系列,予測とその標準誤差
G13DK多変量時系列,予測とその標準誤差の更新
G13DL多変量時系列,階差及び/または変換
G13DXベクトル自己回帰(または移動平均)演算子の根の計算
G13FA一変量時系列,対称GARCHプロセス又は (εt-1 + γ)2形式で非対称なGARCHプロセスパラメータ推定
G13FB一変量時系列,対称GARCHプロセス又は (εt-1 + γ)2形式で非対称なGARCHプロセス予測関数
G13FC一変量時系列,(|εt-1| + γεt-1)2 形式で非対称なGARCHプロセスパラメータ推定
G13FD一変量時系列,(|εt-1| + γεt-1)2 形式で非対称なGARCHプロセス予測関数
G13FE一変量時系列,非対称なGJR GARCHプロセスパラメータ推定
G13FF一変量時系列,非対称なGJR GARCHプロセス予測関数
G13FG一変量時系列,EGARCHプロセスパラメータ推定
G13FH一変量時系列,EGARCHプロセス予測関数
H オペレーションズ・リサーチ
H チャプター・イントロダクション
H02BB*整数線形計画問題(密)
H02CB*整数2次計画問題(密)
H02CE*整数線形計画または2次計画問題(スパース)
S 特殊関数
S チャプター・イントロダクション
S01BA自然対数,ln(1 + x)
S07AA正接,tan x
S09AA逆正弦,arcsin x
S09AB逆余弦,arccos x
S10AA双曲線正接,tanh x
S10AB双曲線正弦,sinh x
S10AC双曲線余弦,cosh x
S11AA逆双曲線正接,arctanh x
S11AB逆双曲線正弦,arcsinh x
S11AC逆双曲線余弦,arccosh x
S13AA指数積分,E1(x)
S13AC余弦積分, Ci(x)
S13AD正弦積分, Si(x)
S14AAガンマ関数
S14AB対数ガンマ関数
S14ACψ (x) - ln x
S14ADψ(x) のスケーリングされた導関数
S14AE多ガンマ関数ψ(n)(x),実数x
S14BA不完全ガンマ関数,P(a,x)とQ(a,x)
S15AB累積正規分布関数,P(x)
S15AC累積正規分布関数の補数,Q(x)
S15AD誤差関数の補数,erfc(x)
S15AE誤差関数,erf(x)
S15AFダウソン積分
S15AGスケーリングされた相補誤差関数,erfcx(x)
S17ACベッセル関数,Y0(x)
S17ADベッセル関数,Y1(x)
S17AEベッセル関数,J0(x)
S17AFベッセル関数,J1(x)
S17AGエアリー関数, Ai(x)
S17AHエアリー関数, Bi(x)
S17AJエアリー関数, Ai'(x)
S17AKエアリー関数, Bi'(x)
S17ALベッセル関数,Jα(x),J'α(x),Yα(x) または Y'α(x)
S17DGエアリー関数, Ai(z) と Ai'(z),複素数 z
S17DHエアリー関数, Bi(z) と Bi'(z), 複素数 z
S18AC変形ベッセル関数,K0(x)
S18AD変形ベッセル関数,K1(x)
S18AE変形ベッセル関数,I0(x)
S18AF変形ベッセル関数,I1(x)
S18CCスケーリングされた変形ベッセル関数,exK0(x)
S18CDスケーリングされた変形ベッセル関数,exK1(x)
S18CEスケーリングされた変形ベッセル関数,e-|x|I0(x)
S18CFスケーリングされた変形ベッセル関数,e-|x|I1(x)
S19AAケルビン関数,ber x
S19ABケルビン関数,bei x
S19ACケルビン関数,ker x
S19ADケルビン関数,kei x
S20ACフレネル積分,S(x)
S20ADフレネル積分,C(x)
S21BA縮退対称化した第1種楕円積分,RC(x,y)
S21BB対称化した第1種楕円積分,RF(x,y,z)
S21BC対称化した第2種楕円積分,RD(x,y,z)
S21BD対称化した第3種楕円積分,RJ(x,y,z,r)
S21BE第1種楕円積分, ルジャンドル形式,F(φ|m)
S21BF第2種楕円積分, ルジャンドル形式,E(φ|m)
S21BG第3種楕円積分, ルジャンドル形式,Π(n;φ|m)
S21BH第1種完全楕円積分, ルジャンドル形式,K(m)
S21BJ第2種完全楕円積分, ルジャンドル形式,E(m)
S21CAヤコビ楕円関数, sn,cn と dn,実数の引数
S21CBヤコビ楕円関数, sn,cn と dn,複素数の引数
S21CCヤコビシータ関数 θk (x,q) ,実数の引数
S22AA第1種ルジャンドル関数 Pnm(x)又はPnm(x)
X01 数学定数
X01 チャプター・イントロダクション
X01AA数学定数πを与える
X01AB数学定数γ(オイラー定数)を与える
X02 マシン定数
X02 チャプター・イントロダクション
X02AJマシン精度
X02AK浮動小数点の最小の正のモデル数
X02AL浮動小数点の最大の正のモデル数
X02AM浮動小数点の安全範囲(safe range)パラメータ
X02BB最大の表現可能整数
X02BE表示できる10進数の最大値
X02BH浮動小数点モデルのパラメータb
X04 入出力ユーティリティ
X04 チャプター・イントロダクション
X04CA実一般行列を出力する(簡便な)
X04CB*実一般行列を出力する(広域的な)
X04CC実三角圧縮行列を出力する(簡便な)
X04CE実帯圧縮行列を出力する(簡便な)
X04DA複素一般行列を出力する(簡便な)
X04DB*複素一般行列を出力する(広域的な)

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks