Windows用コンパイラ MAC用コンパイラ Linux/Unix用コンパイラ
 
ナビゲーション:前へ   上へ   次へ

2.9 OpenMP サポート

OpenMP 3.1の機能がサポートされています。

IEEE算術サポートモジュールを利用する場合、 IEEEモジュール(丸め、停止、アンダーフロー)は PARALLEL構文の最初にOpenMPスレッドにも伝搬されます。 またOpenMPスレッドにより設定されたIEEEフラグは PARALLEL構文の最後で親スレッドに返されます。

以下のテーブルはOpenMP環境変数のデフォルト値と上下限(適用可能な場合のみ)が示されています。

環境変数 デフォルト値 制限
OMP_NUM_THREADS コア数 1-32768
OMP_DYNAMIC False true もしくは false
OMP_NESTED False true もしくは false
OMP_STACKSIZE 0 <1GB (32-bit) もしくは 16GB (64-bit)
OMP_WAIT_POLICY None active もしくは passive
OMP_MAX_ACTIVE_LEVELS 1 1-64
OMP_THREAD_LIMIT 32768 1-32768

ノート: NAGは32768スレッドまでサポートしますが、オペレーティングシステムがそこまで多数のスレッドを許さない可能性もあります。


Privacy Policy | Trademarks