関連情報

Fortran Builder
基本的な使い方

Fortran Builder の基本的な使い方(プログラムの作成からビルド・実行までの手順 @ 〜 D)を紹介します。

@ プロジェクトを作成する
A プロジェクトにソースファイルを追加する
B ソースファイルにプログラムを書く
C プログラムをビルド(コンパイル・リンク)する
D プログラムを実行する
※ プロジェクトフォルダーを開く

Fortran Builder では、プロジェクト単位でプログラムの作成からビルド・実行までを行います。
プロジェクトとは、実行ファイルを生成して実行するための作業フォルダーのようなイメージです。

ここでは、上記の手順 @ 〜 D に沿って、「Hello World」を標準出力に出力するプログラムを作成してみます。

@ プロジェクトを作成する

メニューから「ファイル > 新規作成 > プロジェクト」を選択してください。

プロジェクトの作成メニュー

以下のような画面が表示されますので、「コンソールアプリケーション」を選択後に「プロジェクトの名前」を myproject として「次へ」ボタンを押してください。

プロジェクトの作成ダイアログ1

以下のような画面が表示されますが、今回はこのまま「OK」ボタンを押して次に進んでください。

プロジェクトの作成ダイアログ2

以下のような画面が表示されれば、プロジェクトの作成は無事行われています。
次のステップに進んでください。

プロジェクトの作完了

A プロジェクトにソースファイルを追加する

メニューから「ファイル > 新規作成 > ファイル」を選択してください。

ファイルの作成メニュー

以下のような画面が表示されますので、「Fortran 自由形式ソースファイル」を選択後に「OK」ボタンを押してください。

ファイルの作成ダイアログ1

以下のような画面が表示されますので、「ファイル名」を myprog として「OK」ボタンを押してください。

ファイルの作成ダイアログ2

以下のような画面が表示されれば、ソースファイルの作成は無事行われています。
次のステップに進んでください。

ファイルの作成完了

B ソースファイルにプログラムを書く

以下のソースプログラムを入力してください。

print *, 'Hello World'
end

コーディング完了

入力が終わったら、メニューから「ファイル > 上書き保存」(または Ctrl + S)を選択してください。

上書き保存メニュー

C プログラムをビルド(コンパイル・リンク)する

メニューから「プロジェクト > ビルド」を選択してください。

ビルドメニュー

問題が無ければ、メッセージウィンドウに以下のように表示されます。

ビルド完了

D プログラムを実行する

メニューから「実行 > 実行」を選択してください。

実行メニュー

問題が無ければ、コマンドプロンプトウィンドウに「Hello World」が出力されます。

実行完了

以上が Fortran Builder の基本的な使い方となります。

※ プロジェクトフォルダーを開く

メニュー「表示 > プロジェクトフォルダー」から、プロジェクトフォルダーを直接開くことができます。

プロジェクトフォルダーの表示メニュー

フォルダーの中に、ソースファイル(myprog.f90)や実行ファイル(myproject.exe)が在ることが分かります。

プロジェクトフォルダーの表示完了


Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks