NAG Fortran コンパイラ開発者
IEC 1906 賞受賞!

Fortran 標準に大きく貢献した事が評価される

IEC 1906 AWARD 賞状NAG Fortran コンパイラの開発者であり Fortran 標準のエディタでもある Malcolm Cohen が、 IEC(International Electrotechnical Commission)より名誉ある IEC 1906 賞を受賞しました。

IEC はエレクトロニクスに関係する国際標準を準備、出版する団体で ISO/IEC 1539-1 を含む Fortran 標準の出版を行う団体です。

Malcolm Cohen は1984年以来、現在に至るまで NAG の重要な役割を担っており、Fortran コミュニティーでとても高い評価を得ている "Modern Fortran Explained" の共同著者でもあります。

Malcolm Cohen は今回の受賞に関して、以下のようなコメントをしています。

IEC 1906 AWARD 授賞式 「私は自分が今でも大好きなことをやってこのような賞をいただけた事をとても光栄に思います。Fortran 標準にはいつも新しい挑戦がありますが、この標準化のプロセスから最善な結果を得る事は喜ばしい事です。」

(原文)I feel very honoured to have received this award for doing something that I still love to do. There are always new challenges with the Fortran Standard but it is a pleasure to get the best outcomes from the standardisation process.


この賞は NAG が NAG Fortran コンパイラの次期バージョンである リリース 5.3 のリリース控えた時期にもたらされました。NAG Fortran コンパイラは優れたプログラムコードの診断機能と実行時エラー検出機能を備えた最新の Fortran コンパイラです。リリース 5.3 では新たに OpenMP がサポートされる他、新しい Fortran 2008 の機能の一部がサポートされます。

(2011/12/22 Tokyo)


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks