トップ サイトマップ
関連情報

カスタムアルゴリズム開発の事例

アルゴリズム開発

カスタムアルゴリズム開発では、お客様のニーズに合った各種アルゴリズムの設計・構築を行います。

このカスタムアルゴリズム開発の事例を以下にご紹介します。


リテール分析企業における新しい回帰アルゴリズムの実装

リテール分析会社であるお客様は小売店やベンダーに計画分析ツールを提供しています。これらのツールは販売促進や値引き、取引の規模、ライフサイクルなどに関連する価格変更を評価するのに役立ちます。別の技術サプライヤーが同じ市場に進出しようとしていることを表明していたため、お客様は商売上の地位を維持するために高度な回帰アルゴリズムを迅速に実装する必要がありました。
回帰分析の手法をお客様は特定されていました。そこで、的確なソフトウェアを提供し新しいルーチンが確実にハードウェアプラットホームの構成で効率よく実行できるようにする組織をお客様は捜されていました。
回帰の問題について十分に理解していることと、非常に正確なコードを提供する実績ある能力があることから、NAG が選ばれました。このケースでは、NAGはプラットホームに特化したチューニングに関して付加価値のあるアドバイスを行い、お客様は新しいルーチンによりパフォーマンスを改善することができました。
その後、このお客様は応用数値計算の利用を通じて競争優位を確立する能力を重視するグローバルな技術ソフトウェアベンダーの傘下に入りました。

金融規制コンサルタント会社における最適化関数の高速化

お客様はモデリングツールから呼び出される特定の最適化関数を高速化する必要がありました。 NAG はパフォーマンスを改善する方法を探す前に、選択された最適化手法がお客様の問題に最も適切であるかどうかを初めに確認しました。確認後、NAGは改善の可能性について調査しました。
ルーチンの使用の際にカスタマイズが有効であることは明らかでした。ほかの選択肢もNAGの推奨と併せてお客様に提案されました。 NAGのコンサルタントはお客様のデータに対して選択した手法が妥当であることを確認しました。
NAG はお客様のニーズに合わせた実装、具体的には経済モデルが稼動する本番環境で使用されている対象のプロセッサ、オペレーティングシステムやメモリ構成向けのコンパイル済みコードを構築し検証しました。
これに加えてNAGは、モデルのほかの分野へ適用される最適化手法に関する潜在的な問題点についてさらなるアドバイスをすることができました。お客様は独自にこのアドバイスを検証し、その結果今度はお客様自身の顧客に対して最善のアドバイスができるようになりました。

精密工学企業における社内のアルゴリズム検証

お客様は複雑な製造部品や生産設備向けのアライメント及び計測サービスを提供する精密工学企業でした。このお客様は物理的部品や機械の特性を検証するための数値計算を必要とされていました。これは金属表面からデータ点を実際に計測するアプリケーションを用いて行われます。
お客様は、慣性モーメントなどの特性のテストを行えるよう、作成したソフトウェアが正しく表面点を移動させ回転させるかどうかを検証する際のサポートをNAGに依頼しました。お客様は適切なソリューションを開発していますがもっと精度を高めることができると、NAGは判断しました。
NAG は特異値分解と最適化技術を提供しているNAGライブラリの既存ルーチンを使用することができました。また、お客様の他の処理に適合するよう、必要な書式で正確な結果を提供できるようにするためコードの若干の追加を行いました。これによりお客様はより価値のあるサービスを提供できるようになりました。

Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks