トップ サイトマップ
関連情報
ホーム > 製品&サービス > コンサルティングサービス > カスタムアルゴリズム開発 > カスタムアルゴリズム開発事例:CFDソフトウェア可視化環境のための通信モジュールの開発

カスタムアルゴリズム開発の事例:
石油・ガスパイプラインシミュレーションのHPCシステム利用のために、リモート視覚化によりデスクトップアプリケーションを強化


ENGYSは、エンジニアリング領域の解析と最適化のための計算流体力学(CFD)ソリューションを提供するソフトウェア会社です。 彼らは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)プラットフォームのパワーを活用しながら、HPC以外のシステムでも最適に動作するようにユーザーに提供するソリューションを改善する必要性を認識しました。そこで彼らは、NAGがHPCシステム上でアプリケーションを実行する複雑さを理解していることを知り、NAGにフラグシップCFDソフトウェアHELYXの強化を依頼しました。

 HELYXの強化の要点は、リモートHPCプラットフォーム上で動作するCFDジョブを構成、投入、視覚化するためのクライアント/サーバー通信モジュールの開発でした。NAGは、ParaViewとVTK(Visualization Toolkit)を利用したHELYXへのリアルタイムビジュアライゼーション機能の組込をサポートしました。この作業を通してNAGは、彼らにとってのベストプラクティスを確立し、レンダリング・ソフトウェアと専用ハードウェアの利用を含めた、巨大データセットのリモート並列レンダリングを実行する可視化コンポーネントの開発に対して助言を行いました。

 アプリケーションの強化に加え、NAGは、HELYXが構築されたOpenFOAM環境を導入するプロセスを合理化するためのスクリプトベースのソリューションを作成し、シミュレーションをホストする最新のHPCシステムのほとんどのタイプに対応しました。これにより、一般的なオープンソースのシミュレーションパッケージを使用する際の技術的な障壁を軽減することができました。

 すべてのプロジェクトと同様に、NAGはENGYSのチームと緊密に協力して、HPC統合要件を調整してHELYXの現在の開発状況へ正確に対応させました。

 新しいHPCベースのHELYXソリューションは、石油およびガス業界の顧客に特化したオランダに拠点を置くエンジニアリングコンサルティング会社Dynaflow Research Groupによってテストされました。この新しいソリューションにより、オンデマンドでコスト効率の高い適切なHPC施設へアクセス可能で、使い易いインターフェースでジョブを準備し管理することができ、社内のHPCハードウェアを所有して維持する負担を負うことなく顧客の大規模シミュレーションを実行できます。

 最終的な結果は、ENGYSのパートナーと石油・ガス業界のパートナーや顧客に対して、デスクトップから大規模HPCシステム上での大規模なパイプラインコンポーネントシミュレーションを可能にするでしょう。



石油・ガスパイプライン内の流体シミュレーション


HELIXのリモートシミュレーションにおける準備、JOB投入、モニタ例

 この作業は、エンジニアリング分野および製造業におけるクラウドベースのHPCシミュレーション利用の促進を目的とした、EUのFortissimoプロジェクトの一環として実施されました。

 さらに詳細をお知りになりたい方はコンサルティングサービス・ご相談フォームにご記入の上お問い合わせください。



Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks