関連情報
ナビゲーション:Fortran 2003入門   前へ   上へ   次へ

8.8 配列構成子構文の機能強化

配列構成子において、かぎ括弧([ ])が括弧とスラッシュの組み合わせ((/ /))の代りに使用できるようになりました。 配列構成子が通常の括弧と共に使われる場合に、式がより読みやすいものとなります。
    RESHAPE((/(i/2.0,i=1,100)/),(/2,3/))  ! Old way
    RESHAPE([(i/2.0,i=1,100)],[2,3])      ! New way

配列構成子を型指定とそれに引き続く2つのコロン(::)で始めることができるようになりました。 これにより大きさゼロの構成子が簡単になり(更に文字長に関する曖昧さがなくなり)、 代入変換機能もサポートされるため、すべての文字列にパディングを施して同一長とする必要がなくなりました。

   [ Logical :: ]                             ! Zero-sized logical array
   [ Double Precision :: 17.5, 0, 0.1d0 ]     ! Conversions
   [ Character(200) :: 'Alf', 'Bernadette' ]  ! Padded to length 200


Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks