関連情報
ナビゲーション:Fortran 2003入門   前へ   上へ   次へ

8.4 USE文でのユーザ定義演算子の仮称指定

名前付き要素の仮称指定ができるのと同様に、USE文でユーザ定義演算子の仮称指定が行えるようになりました。
例:
  USE my_module, OPERATOR(.localid.)=>OPERATOR(.remotename.)
これはMY_MODULEからすべてをインポートしつつ、.REMOTENAME.演算子の仮称を.LOCALID.とします。

この機能はユーザ定義演算子名に対してのみ利用可能である点に注意して下さい。 組込み演算子.AND.等やASSIGNMENT(=)に対してはこのような仮称指定を行えません。 リモート側(モジュール要素)が演算子の場合にはローカル側の名前は演算子でなくてはなりません。 すなわち、

  USE my_module, something=>OPERATOR(.anything.)
  USE my_module, OPERATOR(.something.)=>anything
は共に不正です(構文エラーとなります)。

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks