関連情報
ナビゲーション:Fortran 2003入門   前へ   上へ   次へ

8.14 環境変数へのアクセス

組込み手続きGET_ENVIRONMENT_VARIABLEが追加されました。 これは従来、F90_UNIX_ENVモジュール中のGETENV手続きを介してのみ利用できた機能を重複して提供するものです。
  SUBROUTINE get_environment_variable(name,value,length,status,trim_name)
    CHARACTER(*),INTENT(IN) :: name
    CHARACTER(*),INTENT(OUT),OPTIONAL :: value
    INTEGER,INTENT(OUT),OPTIONAL :: length,status
    LOGICAL,INTENT(IN),OPTIONAL :: trim_name
  END
これはNAMEで指定される環境変数をアクセスします。NAME中の末尾の空白は、 TRIM_NAMEが存在し且つ値が.FALSE.である場合を除き、無視されます。 VALUEが存在する場合、変数のテキスト値を取得します (値の長さとVALUEの長さが異なる場合には、必要に応じて空白でのパディング、 もしくは切詰めが行われます)。 LENGTHが存在する場合、値の長さを取得します。 STATUSが存在する場合、環境変数が存在しないときには値1に、 VALUEが短すぎるときには−1に、成功したときには0にセットされます。 特殊なエラー条件によっては他の正の値が代入されることもあります。

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks