関連情報
ナビゲーション:Fortran 2003入門   前へ   上へ   次へ

7.6 IOMSG= 指定子

IOMSG=指定子はすべての入出力文に追加されました。 これはスカラデフォルト文字変数を取り、エラーが発生した際には説明メッセージが代入されます。 (この機能は文にIOSTAT=もしくはERR=指定子が含まれる場合にのみ有効な点に注意して下さい。 そうでない場合にはエラーに伴いプログラムは終了させられてしまいます。) エラーが発生しなかった場合には変数の値は変化しません。

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks