関連情報
ナビゲーション:Fortran 2003入門   前へ   上へ   次へ

7.3 小数点

小数点としてカンマを持つ数値を読んだり書いたりすることができます。 このサポートはDECIMAL=指定子とDC, DP編集記述子により提供されます。 DECIMAL=指定子はOPEN, READ, WRITE, INQUIRE 文中で指定できます。取り得る値は'POINT'(デフォルト)もしくは'COMMA'です。 接続されていない装置、または書式なし装置に対して、INQUIRE'UNDEFINED'を返します。 DC編集記述子は一時的にモードをDECIMAL='COMMA'に、DP 編集記述子は一時的にモードをDECIMAL='POINT'に設定します。

モードがDECIMAL='COMMA'の場合、すべての浮動小数点出力において小数点がカンマになります。 また浮動小数点入力においては小数点としてカンマが期待されます。
例:

  PRINT '(1X,"Value cest ",DC,F0.2)',1.25
は次を出力します:
 Value cest 1,25

更にこのモードではカンマを並び入力での区切りとして使用できません。代りにセミコロンを使用することになります。

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks