Fortran Builder Logo
Fortran Builder
関連情報

ナビゲーション:前へ   上へ   次へ

7.16 FLUSH文

FLUSH文の実行により、指定されたファイルに書かれたデータが他のプロセスでも利用できるようになります。 もしくは他のプロセスによりそのファイル中に置かれたデータが現在のプログラムで利用できるようになります。 FLUSH文の構文はBACKSPACE, ENDFILE, REWIND文と似たもので、 次のいずれかの形を取ります。

FLUSH file-unit-number
FLUSH ( flush-spec [ , flush-spec ]... )

ここでfile-unit-number は論理装置番号(スカラ整数式)を、flush-spec は次のいずれかを表します:

UNIT = file-unit-number
IOSTAT = scalar-integer-variable
IOMSG = scalar-default-character-variable
ERR = label

UNIT=指定子は必須ですが、‘UNIT =’は並び中における最初の flush-spec であれば省略できます。

FLUSH文の使用例を示します。

   WRITE (pipe) my_data
   FLUSH (pipe)



ナビゲーション:前へ   上へ   次へ

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks