Fortran Builder Logo
Fortran Builder
関連情報

ナビゲーション:前へ   上へ   次へ

2 Hello Worldの作成

ここでは、とても簡単なプログラム(Hello World!と画面に表示するプログラム)を 作成します。

2.1 プログラムコードを作成する

まずテキストエディタ等を用いて以下のプログラムソースコードを記述した、 テキスト形式のファイルを作成します。

[ hello.f90 ] - 初めてのFortranプログラム
program hello
  print *, 'Hello World!'
end program hello

1行目のhello部分は(Fortranの命名規則に従っていれば)好きな名前が付けられますのでhelloでなくても構いません。

ここではこのプログラムのソースコードを hello.f90 として保存したことを前提に以後説明します。

2.2 コンパイル・リンクを行う

作成されたプログラムのソースコード(hello.f90)をコンパイル・リンクします。 プログラムのコンパイルリンクは処理系により詳細が異なりますが、一般的には以下のようにコンパイルコマンドを実行します。
【コンパイルコマンド例】
nagfor -o hello.exe hello.f90

ここでnagforはコンパイラの実行形式ファイルを示します。コンパイラの実行形式ファイルは 処理系により異なりますので、利用環境により適宜置き換えて下さい。 (例 f95, g95, af95, lf95, pathf90, pgf90, xlf90, ifl等)

ここで問題がなければ、実行可能なプログラム(hello.exe)が作成されます。

2.2.1 コンパイル・リンクの補足説明

プログラムのソースコードを翻訳して実行可能プログラムを作成するには、 2つの独立したステップが必要になります。
  1. コンパイル
    プログラムのソースコードを対応する機械語コードに変換する。 これをオブジェクトコードと言い、オブジェクトファイルに格納される。 (オブジェクトファイルの拡張子は *.o や *.obj 等が利用される)
  2. リンク
    オブジェクトファイルに含まれる関数の引用がすべて、 オブジェクトファイル中の該当する定義に結合される。 これによって、実行可能プログラムが作成され、 実行可能ファイルに格納される。

2.3 実行方法

unix系(linux, MAC OS Xを含む)の環境の場合には以下のように実行します。
./hello.exe

Windowsの場合にはコマンドプロンプトより以下のように実行します。

hello.exe

以下のように出力されれば成功です。

Hello World!



ナビゲーション:前へ   上へ   次へ

Results matter. Trust NAG.
Privacy Policy | Trademarks